世の中斜めに見ています~Z!!

四十路を過ぎた田舎のおじさんが書いた,とりとめのない雑記ブログです

備蓄【HowTo薪ストーブ】

【スポンサーリンク】

薪ストーブに使う焚き木は、生のままでは十分な性能を発揮できないから、時間をかけて乾燥をさせていく。

 

我が家でも今年の分の燃料は準備ができたけれど、来年以降の分も今から準備を始めておかなければならない。

この辺が、薪ストーブを使うにあたって面倒なところかな…

 

山から伐採してきた木をある程度の長さに切って

f:id:golgo7087:20171009114945j:plain

風通しの良いところに積み上げて数年放置

f:id:golgo7087:20171009114831j:plain

乾燥した木をストーブに入るぐらいの長さにカットして

f:id:golgo7087:20171009115030j:plain

適度な太さに割る

f:id:golgo7087:20171009115107j:plain

更に、積み上げて乾燥させて…

f:id:golgo7087:20171009115240j:plain

f:id:golgo7087:20171009115250j:plain

しっかり乾燥した焚き木から、今年使う分を焚き木小屋に積んで準備完了!

 

 

これを何年先の分まで繰り返し続けていく。

(ちなみに、画像はおじさんの家で準備してる焚き木です)

 

自宅敷地内に、木の種類や積み上げた年なんかで分かれて、こういう風景が何箇所もあるわけ。

 

もっとも、我が家でこの作業をしているのは父親で、おじさんは手伝うぐらいしかできないんだけどもね。

そろそろ、体力的にも限界が近づいてきている父に代わって、今度はおじさんがこの仕事をしていくことになるんだろうな。

f:id:golgo7087:20171009115428j:plain

こちらはイメージです…www

 

 

 

〜おまけ〜

今は、便利な機械もあるけれど、我が家ではやっぱり斧を使ってシコシコと割っています。