世の中斜めに見ていますっ Z!!

田舎のオヤジの独り言…共感してもらえれば嬉しいな…

いろ~んなことがあった半年 そろそろおじさんも再始動するかなぁ

自分自身でもブログの存在を忘れてしまうぐらいに

せわしなくバタバタとした半年間だったなぁ。

 

昨年の12月に神奈川で一人暮らししている叔父が体調を崩したと連絡を受けて、急きょ上京。

「肉腫様肺癌」との診断でステージはⅢb。

肺癌で「肉腫」というのはとても珍しいらしくおおよそ数%の割合だとかで、抗がん剤も思うように効かずに、予後は極めて不良という説明を医師から聞いた。

暮れに一旦退院をしたものの、1月2日に再び容態が悪化して再入院。

1月9日に帰らぬ人となった。

 

近くに近親者がいなかったため、自分と母親2人でマンションの片付けや各種手続き、遺品の整理や処分などなど約1週間ほど滞在して対応した。

 

ようやく秋田に戻ってきた直後、新型コロナウイルスの大騒動。

時期はずれるけれど、滞在していた宿泊先はJR相模線「番田駅」が最寄。

ニュースでは「原当麻駅」と「上溝駅」に勤務していた職員から陽性反応が出たとかいうので、しばらくヒヤヒヤしながら過ごした。

 

そこから全国的な特別なんちゃらの渦に自分も巻き込まれるような形で自粛生活がスタートして数か月…

北東北は陽性反応者は二けたで踏みとどまっていたけれど、それでも、生活全般にピリピリとして殺伐とした毎日を過ごせざるを得なかった。

個人的に趣味で活動している親父バンドも、ライブハウスは全面閉鎖のため活動することさえままならず、テレワークができる職種ではなかったために通勤はしていたけれども、本当に、毎日淡々と自宅と職場を往復するだけの生活が続いた。

 

自粛が解除されて、普段通りの生活に戻れそうかなぁと思っていたら、今度は、父親が体調を崩して受診。

胃がんステージⅣと肝臓などへの多発性遠隔転移あり」との診断。

せかされるように入院してすぐに手術。

切除した胃袋を見せてもらったけれど、ボコボコの塊になった病巣が胃袋の下半分を埋め尽くしていて、本来の臓器としての形をとどめていなかった。

多臓器への遠隔転移が複数見られているというので、このあとは抗がん剤治療もしなければならないのだけれども、しばらく食欲がなくて栄養を十分とれていなかったことと、病巣からの出血のために貧血が強くみられていたことで、体力的にその治療が行える段階ではないと医師に言われ、まずは、体力を回復するための治療を現在も続けている。

これが6月に入ってからの話。

 

医療機関では、全面的な面会制限は緩和されたものの、それでも、面会する回数や時間は限られているので、ほぼ母親が毎日通っているぐらいで、自分や孫たちは面会ができずにもどかしい状況にいる。

 

ようやく一息ついて気が付けばもう半年が過ぎていた…

 

繰り返しになるけれど、北東北は新型コロナウイルスで大きなダメージを受けた地域ではなかったけれど、感染リスクを考慮して…というので、子供たちの部活動の大会は軒並み中止。

中学3年の次男にとっては、部活動の集大成の場を失ってしまったわけで。

モチベーションを下げることも挙げることもできないまま、不完全燃焼のままに後輩に代を引き継いだ。

 

「当たり前の生活」

「平凡な毎日」ってのが、どれだけありがたいことかを改めて痛感させられた半年になったなぁ。

 

 

~おまけ~

 

胃がん手術後の生活読本

胃がん手術後の生活読本

  • 発売日: 2013/12/13
  • メディア: 単行本
 

 

 

新しい相棒

名残を惜しみつつも、長年連れ添ってきた愛車キューブキュービックと別れを告げたのが数週間前の話。

 

田舎住まいのわが身にとって、日常の足となる車がないというのは、生活ができなくなるということ。

とりあえず、代わりの足となる車を取り急ぎで探した。

 

最近は、インターネットでも中古車を探せるし、そこいら編は、昔見たく足を使って…ということはしなくてもよかったかな。

 

で、すぐ家の近くに「これは!」というような掘り出し物物件を見つけて、さっそく現車を確認しに行ってみた。

 

前のオーナーさんが、なかなか楽しく車とお付き合いをされていた方だったようで、細かなところを見れば見るほどに面白く、気に入ってしまったということで即決した。

 

カーナビはもちろんついているけれども、サイドブレーキセンサーカットみたいのはつけていなくて、しっかりと停車してパーキングにするかサイドブレーキを引いてからでないとテレビは見ることができない。

おじさんは、かならずキャンセラーっての?を付けて走行中もテレビを見れるようにしていたので、ちょっと新鮮だった。

その代わり?、センターコンソールからUSBコードが出ていて、外付けの音楽プレーヤーはしっかりと楽しめる。

ダッシュボードやメーター周りではなくって、センターコンソール、どちらかといえば後部座席に近い方からチュルンって出ているコードは、音楽再生用の機器を取り付けるのにちょうどいい場所。

前のオーナーさんの音楽の楽しみ方が見える感じがした。

 

室内の照明については、「おそらく後付けだろう」という青いLEDのフットイルミネーションランプがついていた。

でも、マップランプは純正のフィラメントタイプ。

で、後部の室内灯はLEDの真っ白なヤツ。

だから、夜に全部の照明がついた状態になると、なかなかのカオス(笑)

…よくわからん。どうせなら全部まとめて取り替えたりしないかな?って。

 

センターコンソールパネルは、車の外装色と同じ色にしっかりと塗装されていた。

パールホワイト。

女房は「なんでここに塗装?」って話していたけれど、よくよく目を凝らしてみなければわからないほどしっくりきていたので、問題なし!

エアブラシでしっかりと吹き付けられているようではあったけれど、微妙に液だれして厚くなっている部分があったりというのもご愛敬。

 

ブレーキは、純正のものから真っ赤な色をした社外のものに変更されていて、ぱっと見走りを予感させるけれど、サスペンションは純正。

ハンドルは本革巻き使用でも、ハンドルカバーをつけたであろう跡がしっかりとついていた。

 

いろいろアンバランスがバランスよくて、おじさんの琴線に触れまくる(笑)

 

なんだか、すでに愛着たっぷりで、長くお付き合いができそうな気がしている。

 

納車されてからまだ数週間だけれど、すでに子供の部活の遠征で家族そろってのお出かけを何度か経験してもらっている。

 

年末年始もよろしく頼むよ。

整備はしっかりしてあげるからね~。

 

 

今度の相棒は何万キロまで一緒に走ってくれるかな?

 

よろしく頼むよっ。

さよなら我が家の日産キューブキュービック

あ~。

何ヶ月もブログほったらかしにしちゃった…

 

 

一昨年におじさんが乗っていた車が猛烈なトラブルで廃車となり、奥さんからのお下がりとして使わせてもらっていた日産キューブキュービック。

はじめは「こんなお下がりなんて…」と思ったりもしたけれど、乗ってみたら、思っていた以上に運転しやすくて、普段使いにはちょうど良かった。

去年の11月に車検を取り、今年の春には13年目以降で税金もがっつり高くはなったものの、まだまだ不具合もないし、このサイズで7人乗りってのも気に入ってて、乗り続けていた。

…乗り続けていくつもりだった。

走行距離もすでに18万キロを超えて、消耗部品も何個か交換をし、老体に鞭打つ形で申し訳ないとは思いつつも、子供の部活の遠征や家族でのお出かけにと頑張ってもらっていた。

 

10月のある日。子供の部活のお迎えで夕方暗くなってから学校の駐車場に向かい、車をバックで駐車場の白線に入れようとした時。

ガルガルガルルルル…と、今まで聞いたことのない音がエンジンルームから聞こえてきた。

ちょうど昇降口から出てきた子供も「お父さん、なんだかやばい音がしてる」と指摘するぐらいにして…

とりあえずその音は一瞬だったので、シフトレバーをしっかり入れていなかったのかな?ぐらいにしか思っていなかったんだけど、子供が車に乗って家に帰ろうとすると、スーっとヘッドライトが暗くなっていき…すぐにパっと復活。

(もしかして、そろそろ限界が近づいてきちゃったかな?)

 

すぐになじみのGSに向かい、エンジンルームを見てもらった。

「見た目には不具合はありませんが、逆に見えないところに深刻なダメージがあるとすると、やっかいですね」

サラっと怖いことを言ってくれる店員さん…

 

翌日、購入した車屋でみてもらったら、いろ~んなところにガタが来ていた。

経年劣化の不具合がまとめて一気に来ちゃった感じだって…

 

愛着があるだけに、未練の量はかなりのものだったけれど、家族やおじさん自身の安全のために、買い替えを決断。

 

10年以上に及ぶ日産キューブキュービックと一緒の生活に終わりを告げることになった。

 

この車とはいろ~んな思い出がある。

 

次男が生まれるっていうんで、奥さんが乗っていた軽自動車の買い替え。

まだ小学校の低学年だった長男と、ベビーシートの次男を一緒に乗せることを前提に、奥さんの実家のお母さんも…

いろいろ見て回った結果が日産キューブキュービックだった。

エマージェンシーとはいえ、7人乗り。

ちょいちょいと便利だった。

 

次男の成長に合わせる形で乗ってきたから、ほぼ次男のイベントにはキューブキュービックも漏れなく参加帯同。

 

運動会、学習発表会、雨や雪の日の送り迎え…

そういうこともあってか、次男も「車を買い換える」って話たらけっこうな衝撃を受けていた。

 

一昨年、おじさんの車が一発廃車となってしまったときに奥さんと一緒に迎えに来てくれたのもこの車。

その後、警察やら消防やらへいろんな手続きのために出かける時も使わせてもらったのもこの車。

 

他にも、毎年一緒に東日本大震災の復興を家族で見に行ってくれたり、通勤途中でマフラーが腐食していたの知らなくて、信号待ちで接続部がもげて、学生がわんさか渡っている横断歩道の前で爆音を轟かせてみたり…

 

 

11月中に廃車手続きは完了していて、無事に車は家族の元から旅立っていったわけだけど。

 

改めて「今まで本当にありがとうございました。」

 

 

ある疑惑

次男から教えてもらってず~っと大好きなアーティストさんが

“まらしぃ”さん

アニソン系のピアノ楽曲を教えてもらってからハマって、おじさんが何かするときのBGMでずーっと聴かせていただいている。

 

ある日のこと…

いつものようにYouTubeを物色していると…

「ん?」

なんとなくではあるけれども、タッチがまらしいさんに似ているかなぁって思う人?を発見してしまった。

 

お二方の動画を並べて見るので聴き比べてみてください。


「Lemon」 を弾いてみた 【ピアノ】

これがまらしぃさん。

そして…


【音楽家ムック】街中で突然、米津玄師のLemon弾いてみた!!【ピアノ】【ドッキリ】street piano performance by Japanese character MUKKU !!!!!

 

似てない?

 

あとね…こんなのもあった。


「海の幽霊(Spirits of the Sea)」 を弾いてみた 【ピアノ】

こっちがまらしぃさんで…

 


【音楽家ムック】街中で突然、米津玄師の「海の幽霊」弾いてみた!!映画「海獣の子供」主題歌【ピアノ】【ドッキリ】street piano performance by MUKKU !!

 

こっちが…

 

 

う~ん似てるなぁ…

 

 

調べてみたら、ネット上でもチラホラと「同一人物説」があるようだもんね。

まぁ、疑惑は疑惑として…

どちらも楽しく聴かせていただけているからいいんだけどね~。

 

 

おじさんの生息地にも来てくれないかなぁ。

 

 

 

もうお腹いっぱい!

宮迫博之をはじめとする芸人が、

会社を通さずに営業活動をして、

源泉されていないお金をギャラとしてもらい、

しめしめと思っていたんだろうけれど、

後になって依頼した団体が反社会組織といわれるヤバいところで、

思わず「ギャラはもらってません」と嘘をついたのはいいけれど、

その嘘がばれてしまい、

写真週刊誌の追撃を恐れて「やっぱりもらっていました」と白状して、

会社から謹慎処分を受けたのが面白くなくて、

「本当はちゃんと謝りたかったのに、

それをさせてくれなかった会社はブラック」と逆切れして、

同じ会社に所属する同僚たちも巻き込んで大きな騒ぎになっている、

一連のスキャンダル。

 

毎日のようにワイドショーはそれぞれ「都合よく」コメントなんかを切り取っては騒ぎ立て、報道番組までが一緒になって騒いでいる。

 

個人的には正直興味ないことだから、「勝手にやって」って思うんだけど、テレビを見てもネットでも、猫も杓子もこのことで振り回されているだね…

 

「下らん!」

 

 

そもそも、はじめに100万円もの大金を受け取っていながら「ギャラなんてもらっていない」と嘘をついたのは誰だ。

一緒に出演していた芸人仲間にも口裏を合わせるようにしたのだ誰だ。

 

お前だよ~!!

 

会社がどうのと今頃になっていってるけれど、一応、おじさんも会社組織の中では中間管理職的な立場で仕事しているもんで、一言言わせてもらえば…

 

会社は一番はじめに当事者が放った「ギャラはもらっていない」「反社会組織とは知らなかった」という言葉を信じてその後の処理対応を進めていくのは当たり前のことだし…

それがあとになって嘘が次々と暴かれていき、立場が追い込まれてから「やっぱりもらっていました」って言われたところで、「そんなの今更じゃ。お前が初めに言った言葉を信じて方々への対応に動いたのに、今更どの顔で「嘘で~す」って言えるんじゃ」ってなるのは当然のことだと思う。

会社としても「確認しましたが本人はやっていないと申しておりますので、その言葉を信じております」って言った手前、「静観する」という立場をとらざるを得ないのは当然のことだと思う。

もちろん、会社としての初動の確認の仕方が甘かったとか、会社を通さずに営業をしなければならない状況が生じた体制とかいうのが背景としてあったのも事実だろう。

ギャラが安いとか高いとかいうことについても、所属している芸人が賛否両方の立場からいろんなコメントを出しているようだね。

 

それにしたって…

 

 

 

時系列でみていくと、会社側の対応はさほど不自然ではないと思うんだよね…

一つ一つの対応の在り方としては「そりゃないよ」って思っちゃうような不適切なものもあるし、記者会見に慣れていない素人がしどろもどろになりながら質問への回答をしている姿を見れば、話し慣れしている芸人と比較するのもかわいそうな気もする。

そういうのを全部ひっくるめてまとめると…

あの芸人は「反社会勢力からの依頼であったこと」や「ギャラとして支払われるお金のやばさ」を認識していたんじゃないのか?という疑念は、おじさんの中では払拭されることなく、逆にますます大きなものになっていってるんだな…。

 

 

ネット上でも誰かが言ってるけど「会社の体質」についての不満や改善を求める声と、「やってはいけないことをしたヤツに対する処分」への反応については、しっかりと別々にしてみていく必要があると思うよ。

 

 

「事実をしっかりと確認をする」

そのために

「事態を静観する」

 

ってのは、大事なことだと思うけどね。

 

 

 

 

当事者がうまく論点をすり替えるためのシナリオをこさえて、

世間もまんまとそれに乗っかって流されて、

「しめしめ」って思っているんだろうけれどもね。

 

 

おそらくおじさんだけじゃなく、少なくない人たちが、「これっておかしいべ!」って感じているんじゃないかなぁ。

 

 

詳しい経過を知らないままに、ツラツラと書いちゃったから、事実誤認しているところもあるかもしれないけれど、この問題の一番の始まりがなんだったのかをもう一度見返してみようと思う。

 

 

 

それにしても…

なんで世間はこんなに大騒ぎしているんだ?

今更…Let'sNote CF-NX3を手に入れましたがなにかっ?

【次男に持っていかれた愛機】

3月、ちょうど春休みの頃…

ちょっと貸して」と持っていかれたのが始まり。

次男がプライベートでパソコンをよく使うようになって、おじさんの愛機ThinkPad X240はほぼ専有されてしまっていた。

次男の用途としては、YouTubeの視聴がメインで、あとは勉強での調べ物をしたり、趣味の情報収集をしたりといった程度だから、スペック的には必要十分で、特に「最新式のパソコンがほしい~」というようなこともなかった。

「新しいの買って」でなかったしねwww

「必要だったら使え」とは言ったものの、ThinkPadは、ほぼ次男の部屋の机に設置されて、おじさんが使いたい時に「ちょっと貸してちょ~だい」とお願いするような形になり…

たまに借りてきても、動画保存用に開けてあるハードディスクに専用のフォルダができていて、動画やらなにやらいろ~んなものがダウンロードされていて、なんだか、借りるのが申し訳ないと思うようになってみたりもしてさ。

しっかりと使い倒してくれてるようだし、動画なんかを除いてみてもやましいところはないから、専用機にしちゃったほうがいいのかもしれないのかな…

おじさんが必要な時に借りればいいだけの話なんだけど、気がつけば次男の専用機になっちゃってるパソコンを「貸してちょうだい」って持ってくるのもなんだか都合悪くなってしまってね。

結局、パソコンをいじる機会が減っていた。

だけど、やっぱり毎日いじっていたパソコンが手元になくなると、どうしても時間を持て余すようになり、「自分が使いたい時に使えるパソコンがほしい」とも思い始めたりして…

おじさんの用途としてもオフィスソフトで書類作成したり、動画見たりする程度だから、あのThinkPadと同じぐらいのスペックで十分。

持ち運びする機会が多いから、画面はそんなに大きくなくてもいいし…

いずれ機会があったら…そう言い聞かせながら過ごしていたんだ。

 

【半ば衝動買い】

あるお休みの日。

暇つぶしのためにブラっとでかけた近所のリサイクルショップ。

何気なしに入った電化製品のコーナー。

そこで出会ってしまった!!

 

Panasonic Let'sNote CF-NX3

【Microsoft Office 2016搭載】【Win 10搭載】Panasonic CF-NX3/第四世代Core i5-4200U 1.6GHz以上/新品メモリ:8GB/新品SSD:240GB/12インチワイド液晶/無線搭載/HDMI/USB3.0/中古ノートパソコン (SSD:240GB)

 

 

画面サイズが13インチ超のLet'sNoteも一緒に並んでて比較もしてみたけれど、おじさんてきには大きなパソコンは必要ないし…

 

いわゆる「一目惚れ」をしてしまったワケ。

 

同じ棚にはもっと新しいものもいっぱいあったし、この機種じゃなくても選べは選択肢はいっぱいあったんだけどもね…

どうしても、このノートパソコンが欲しくて…

なけなしのお小遣いをはたいて即購入!

 

【スペック的には必要十分】

おじさんも、グラフィックスや動画制作みたいなCPUのスペックが求められるような使い方はほとんどしない。

これまではたま~にYouTubeに投稿する動画を作ったりしていたこともあったけど、最近はご無沙汰してるし。

日常的な使い方としては、オフィス系のソフトでの書類作り、ネットサーフィン、動画視聴…こんなところ。

ま、これまで使っていたThinkLPadと同じ程度のスペックがあればな~んの問題もない。

このCF-NX3も、必要十分な性能。なんの不満もない。

 

【画面の解像度は満足】

ThinkPad X240との違いといえば、個人的に一番大きかったのが、画面サイズはほぼ同じだけれど、解像度が1366*768から1600*900になったということ。

ブラウザで表示される情報量がグンと増えた。特に縦方向が。

 

【軽い!】

あと驚いたのは、「とにかくなんじゃこりゃ?ってぐらい軽い」ってこと。

ThinkPadも軽かったけれど、それでもしっとりとした重量感はあった。1.4キロぐらいだったかな?

このLet'sNoteは1キロちょっと。

この500グラム弱の重量の違いがこんなに大きな違いとして感じられるとは思ってなかったもんで…

それでも、一応ボンネットタイプの天板は衝撃や押しにも強く強靭なボディらしいから、剛性については心配ないようだし。

ぶっちゃけThinkPadについても、ボディ剛性はかなり強いということにはなっているけれど、天板なんかは手で押し込むと一抹の不安を感じるような感じを個人的には受けたりしたもんで、このLet'sNoteはどうなのかはこれから使い込んでみてから判断しようと思ってるところ。

 

【外部出力も充実】

外部出力も、RGBとHDMI端子は標準。

ThinkPadミニデジタルポートだったので、ケーブルが家にあった家電用のが流用できなかったけど、こちらはそのまま使える。

ThinkPad用のも購入はしてあるけど)

この汎用性も、持ち歩いている時、不意にどっかでテレビにつないだりしたくなったときには便利。

 

【中古でも外観がきれいだったので満足満足】

とにかく軽くなったところで、持ち運びする機会が増えた。

中古品だから傷とかもそれほど気にせずにラフに使えるっていうのもあったりもして。

といっても、目立った傷なんて言うのはほとんどなく、すごくきれいな状態。

前に一度同じPanasonicのLet'sNoteAX-2ってのを購入したことがあったんだけど、パームレストの塗装が剥げ落ちちゃってて汚らしい感じだった。

(ちなみに…ハズレ中古機ですぐに動かなくなって廃棄…)

もちろん中古機を購入する際には、こういう外装の使用感ってのは妥協するのが普通だし、あんまり気にするつもりもなかったんだけど、あの時のトラウマがあって、「Panasonicのノートパソコンは大丈夫なのか?」ってのが知らずのうちにあったのかもしれない。

 

【キーボード、タッチパッドなどの入力系も使いやすさは大満足】

キーボードの打ちやすさについては、正直驚いた。

B5ファイルサイズのノートブックにキーピッチや打ちやすさを求めるのは酷かなぁと思いつつ、やっぱり快適を求めちゃうもんね。

それが、明らかに見た目「小さいかな」って感じていたはずのキーボードが衝撃の打ちやすさだったんだから。

入力のしやすさといえばThinkPadも定評があって、ずっとそれに慣れていたのでおじさん的にはね「ThinkPadが一番」みたいな思いがあった。

また引き合いに出すのは申し訳ないが、AX-2のキーボードはお世辞にも打ちやすいとはいえず、とってもストレスの貯まるものだったので、余計に嬉しく感じちゃうのかもしれないかな。

それから…ThinkPadはあとからバックライト付きキーボードに換装していて、夜間の入力のしづらさというのは皆無だったけど、実は、真っ暗な部屋でキーボードライトがないと入力ができない環境でのパソコンの使用というのは、夜に子供の部活帰りを車で待っている時ぐらいだった…www

家で使用するときは、理由なくバックライトをつけたり消したりしながら「かっこい~」ってニヤニヤするためだけに使っていたという話も…www

ま、あれば便利だけどなければないでまいっかみたいな…

あとは、Let'sNote伝統のホイールパッドの使いやすさはハンパなかった。

ThinkPadトラックポイント至上主義のおじさんをして「…つ、使いやすいじゃないか」と思わせるところ…

AX-2の四角いタッチパッドはどちらかというと、MacBook Pro的な感じで、もちろんそれはそれで使いやすかったけれども「なんか違う…」って思いがあったのでね。

 

【いずれにせよ…】

スペックは十分満足できるレベル!

今更NX-3?」って言われるのはわかってるけどね、それでも、一目惚れした機種が「あたりだった!」って嬉しさがハンパなかったわけ。

 

もちろん、こういう中古機でこれだけ満足できるスペックに触れちゃうと「最新機種はどうなのよ」っていう猛烈な期待ってのも出ないわけではないけれど、基本「中古機」をずっと使い続けてきているおじさん的には、理性を狂わせるような物欲にはならない。

 

【充実の余暇時間がかえってきたwww】

次男に与えてから自分でいじる機会が極端に減り、パソコンでの余暇時間を満喫できずに欲求不満になっていたおじさん。

また、専用機を所有できるようになって、充実の余暇時間がかえってきた。

最近は、ほぼ毎日、夕食後には女房と一緒に映画を見ている。

見逃してしまった映画、昔一緒に見た思い出の映画、普段はあまり見ないようなジャンルの冒険等々、けっこう時間を忘れて楽しんじゃってる。

 

しばらく更新をしていなかったこのブログの記事も書くことができるようになったし、めでたしめでたしというところかなっ

 

 

~おまけ~

 

 

今年も3月11日がやってくる

今日は3月10日。

 

明日は3月11日。

そう…8年前の忌まわしい大震災があった日。

 

今日は、朝からどのTV番組を見ても「東日本大震災」から8年を迎える東北の太平洋側の今を特集していた。

 

続きを読む