世の中斜めに見ていますっ Z!!

田舎のオヤジの独り言…共感してもらえれば嬉しいな…

初心忘るべからず!?

もう7月も中盤を迎えちゃって、大晦日まで半年ないんじゃんって焦り始めている(笑)。

 

毎年のことだけれども、「今年こそ○○を!」って鼻息荒く目標を打ち立ててみるものの、いつも実現されないままに年越しの日を迎える。

 

今年は、もう一回、今の時期に目標を振り返ってみて、反省と修正をしてみながら、「実現」できるようにしてみようと思う。

 

って、でっきるかなぁ…汗

 

 

 

 

 

~おまけ~

原田隆史監修 目標達成ノート STAR PLANNER

原田隆史監修 目標達成ノート STAR PLANNER

 
成功し続ける人達の目標達成のやり方

成功し続ける人達の目標達成のやり方

 
目標を「達成する人」と「達成しない人」の習慣 (アスカビジネス)

目標を「達成する人」と「達成しない人」の習慣 (アスカビジネス)

 

 

朝一の占いに凹む

心の不調を少しでも上向かせたいと思い占いを見てみた。

 

何かいいこと書いてあればそれきっかけにならないかって思って。

 

ただ、この時占いには良いことだけじゃなく良くないことも書いてあるってこと頭になかったんだ。

 

全体運も仕事運も最悪…

 

見なきゃ良かった…汗

 

 

 

順調に中古パソコンの改造は進んでいるよ!

MacBook Proの後釜として相棒になってくれたThinkpad X240

【中古】 ThinkPad X240 20AMS0MP00 / Core i5 4300U(1.9GHz) / HDD:500GB / 12.5インチ / ブラック

中古ではあるけれど、おじさんのパソコンの使い方などを考えると「ちょうどいい」スペックだったのが決め手になった。

 

レビューとかみてるといろいろ酷評されているタッチパッドも、慣れてくれば特に問題なし!

交換部品もあったりするようだしね。

AUKEH® ノートパソコンの トラック タッチパッド 適用する レノボ LENOVO THINKPAD X230S X240 X240S X250 X250S 修理交換用

 

安く手に入れることができたので、順調にスペックアップも進んでいて…

 

テカりの気になっていたキーボードは、バックライト付きの新品部品を調達して交換してみた。

【QFXL】バックライト付 日本語キーボード 適用する IBM レノボ Lenovo ThinkPad X240 X240S X240I X240T X250 X250S X260 X260S 修理交換用

YouTubeに手順がわかる動画があって、それをみながら挑戦してみたけれど、結局、ボードの交換で半日を費やしてしまったんだけどもさ…

 

それから、M.2 2242って規格のSSDを増設して、ハードディスクの中身をそっくり移植してもみた。

フリーソフトでクローンできちゃったのでコストもゼロ!

TCSunBow SSD 32GB 64GB 120GB 240GB M.2 NGFF 2242内蔵ソリッドステートドライブ(N4 240GB)

もともとのハードディスクもなかなかの速度を出してくれていたけれど、やっぱり速さだけでいえば段違い。

メモリを増設するよりなら、こっちの方が体感的にずっと速さを感じることができるなぁって思ってるところ。

とにかくソフトを立ち上げてもサクっと開いてくれるし。

 

あとは、せっかくキーボード交換したんだし、テカらせるのはちょっといやだなぁって思ったので、キーボードシートを貼り付けてみた。

【シリコンキーボードカバー】Lenovo ThinkPad X240 20AL006QJP 【12.5インチ(1366x768)】機種で使えるフリーカットタイプ仕様・防水・防塵・防磨耗・クリアー・キーボードプロテクター

 

これが予想以上に快適で、キーボードを打ち込んだ感触を損なうことなく汚れはしっかりとガードしてくれるっていうね。

 

あと、全部なくなっていたゴム足も取り寄せてくっつけた。

AUKEH® ゴム足 適用する LENOVO Thinkpad T440 T440s T440P T450 T450S T450P T460 T460P T460S X230s X240 X240s X250 X250s X260 X260S T540 T550 T560 W540 E440交換用 ( 4個セット )

 

本体が14,000円

キーボードが3,000円

ゴム足が1,000円

ここまででも20,000円しないんだから…笑

で、SSDを増設して7,000円

キーボードカバー(シート)は1,000円

 

ここまでいじくっても30,000円しないっていうね…

今回は、いろいろと満足のいく結果にたどり着くことができたかな。

 

うん…いい買い物ができたっ

 

ホントは、液晶画面もFHDスペックにしちゃおうかなって思ったりもしたんだけど、解像度が高くなると、オフィスソフトを開いた時の文字の小ささが四十路すぎのおじさんには気になるレベルらしく、しばらくはHDでも問題ないかなぁって。

気が向いたらタッチパネルにしてみようかとは思っているところ。

今のサイズでも動画は何不自由なくきれいなのを見ることができているし、そんなに気にならなくなった。

やっぱり老眼のおじさんには、画面の文字は小さいよりも少し大きめのほうがいいんだなぁ…

 

 

筐体の傷はほとんどなかったので、キーボードを取り替えただけで「ほぼ見た目新品」に蘇ってくれたし、何が満足かってキーボードバックライト。

MacBook Proでは当たり前に使っていた機能だけど、持ち運びできるサイズになって外に持ち出す機会が増えたら、そのありがたみを痛切に感じている。

子供の部活を待っている時の真っ暗な車の中でも、夜みんなが寝静まってからこっそりパソコンで打ち込みをしようと思ったときにも、バックライトはやっぱりありがたい存在なんだ。

 

 

最近の薄くてスタイリッシュなノートパソコンも魅力的ではあるけれど、このThinkpadについていえば、質実剛健なデザインとあわせて、持ち運びにもしっかりと耐えられる薄さや使い勝手も担保してくれちゃってるし。

 

画面の大きさもそんなに小さいとは感じないサイズだし、キーボードの打ちやすさはMacBook Proと遜色ない。

 

あとは、古い機種とはいえやっぱりトラックポイントの存在感は、「Thinkpad持ってます」っていう所有欲をしっかり満たしてくれる。

 

未だに、アナログRGBでのプレゼンテーションの機会もあったりするし、USBデバイスもまだまだタイプAが現役なおじさんとしては、新しいX280よりもX240の方が断然使い勝手がいいんだな…

 

「何を今更何世代も前の機種のことで盛り上がってんだ」と言われるかもしれないけれどもね、個人的には何の不自由もなく使わせてもらっている。

 

 

おじさん的には「こういう買い物もあり」だと思ってるところ。

 

 

 

 

 

~おまけ~

 

 

 

 

「寛解」の意味を今更ながらに痛感してる真っ最中なのです

「ただいま、心の不調真っ最中…」

 

って、こんなこと書いても、誰も興味ないか…

 

もう10年以上も前に心を病んで通院していたときのことを思い出す。。

 

寛解ですね。」

 

先生がおっしゃった言葉。

 

「完治ではないのですか?」

「全治とまでは言えませんが、病状が治まっておだやかであることということで『寛解』という言葉を用いるんですよ。」

「そんなもんなんですね…」

 

そうなんだ。「全治」ではないから、しっかり治ったということではない。

病状が治まって落ち着いている状態だからね。

またいつか悪さをし始めることもあるかもしれないんだよ~ってこと。

 

もう何回か「やっぱり寛解よりも完治のほうがいいのになぁ」って思ったりして過ごしてきたんだけどもね…

 

 

さて、今回はどうやって心を浮上させようかな。

 

 

早く「寛解」にたどり着いてほしいな。

 

 

~おまけ~

病院の言葉を分かりやすく―工夫の提案

病院の言葉を分かりやすく―工夫の提案

 

 

うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち

うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち

 

 

 

ツレがうつになりまして。 (幻冬舎文庫)

ツレがうつになりまして。 (幻冬舎文庫)

 

 

中古でもいいんじゃな~い?Thinkpad X240が届いたよ

愛機Macbookproがオブジェになって数日。

パソコンなしの生活をしてみたけれど、やっぱり使わなければならない状況もあって、新しい相棒を手に入れることにした。

 

動画を編集するような機会はそれほど多いわけではないし、普段はネットサーフィンとオフィスソフトを使う程度。

さすがにセレロンの遅さには辟易しちゃっていたのでとりあえずiコアなら2世代でも3世代でもいいかなって程度の希望。

 

で、たどり着いたのがThinkpad X240

 

ってところまでは昨日書いたとおり。

 

で、ネットで探し当てた中古を注文して…

購入価格は14,000円。

相場が20,000円をちょっと上回るぐらいだったので、今回手にする新しい相棒にはルックス面は期待しない。

 

なんてことをしているうちに頼んでいた品物が家に届いた。

 

何度もいうけど、「中古」なので、筐体の使用感とかいうのはハナから問題にはしていなかったから、キーボードがテカっていても、本体のゴムが取れていてもその辺は問題なし。

…って、底面のゴムが取れていたのは想定外だったけど…(笑)

 

まずは電源を入れて、初期設定を一通り済ませる。

 

いつも使っているソフトを入れて最低限の使用環境を整える。

 

ある程度準備ができたところでいよいよ使い始め。

 

…やっぱり天下のThinkpad!!

 

入力のしやすさは「大満足」

フルサイズのキーボードは自然に指先が動くし、画面の大きさもおじさんにはちょうどいい。

解像度もFHDは文字が小さくなるとか聞いていたから、HDはこれまたちょうどいい。

文字の見易さもブラウザの操作しやすさも「ちょうどいい」

ウインドウを何個も開いたりするような作業もないし、おじさんにはホント「ちょうどいい」(笑)

 

キーボードのテカりは、パーツを取り寄せして取り替えりゃいい。

画面はIPSではないけれど、十分にきれいだからこのまんまで使ってもなんのストレスもなし。

酷評されていたタッチパッドも、個人的には「そんなディスられるほど使いにくいかな?」ってレベルでフツーに使えているし。

 

あとは安く手に入れることができた分、カスタマイズにお金をかけてあげて、おじさんオリジナル使用のスーパーThinkpadに仕上げていけばいいさ。

 

実はね…こっそり、M.2 2242タイプのSSDも注文しちゃってるんだ~。

2.5インチのSSDも使ってないやつが残ってるし~。

今搭載されている500GBのハードディスクでも意外にストレスなく使える速度は出ているんだけども、これがSSDになったらどんだけ早くなるんだよっ!って今からワクワク。

 

さぁて、これからじっくりと時間をかけていじくってあげるからね~^^

 

改造するときはこのブログの中でも記事にしてみようかな。

 

 

だけど…ここで困った問題が1つ浮上…

X240でこんなに満足度が高いんだったら、最新のX280とかどんなだろうって…

 

あぁ…物欲が沸騰し始めてちゃってるよ~

くわばらくわばら…

 

~おまけ~

使いやすくてすでに大満足だよ~

 

 

長く連れ添ってきた愛機が遂に旅立ちました。

ブログの復活宣言をしたと思ったら、愛機MacBookProが遂に力尽きてしまった。

スマホで記事を更新ということも考えたけれど、10年来の盟友だったので、少し喪に服す期間を設けて、新しいパートナーを探しながら過ごすことにした。

 

実は、サブ機として東芝のちっさなノートパソコンを中古で手に入れてはいたんだけれども、おじさんのタイピングの癖と相性があまり良くなかったようで、とにかく、「キーボードを打ち込んだはずなのに反応してもらえていない」という状況が頻発し、ミスタイプに苛々することが続いていた。

「決して、君は悪くないんだよ。ただ、僕との相性が良くなかっただけなんだ…」

ストレスを抱えながらキーボードをたたくのを我慢できるほど気は長い方じゃないもんだから、少しずつ使い方が変わってきちゃってね。

文章の打ち込みよりも、テレビの脇に設置して、amazonビデオとか、YouTubeとか、そういうのを子供たちが見るために使うっていうのがメインになっていた。

子供たちがマウスいじりながらいろんな動画を見るっていうことで、活用はバリバリされていたんだけど…

「僕だけの愛機」ではなくなってしまっていたんだ。

 

MacBookProは、あんまり無理させられないからいたわりつつ使っていたんだけどもね。

久しぶりに開いてみたら、「おっ?今日は調子いいんじゃね?」って思うぐらいに頑張ってくれてて、「それじゃ、おじさんもブログ復活してみようかな」って気持ちにさせてもらったんだ。

 

ところが…

 

ブログに記事を公開したところで「容態急変」

そのまま、静かに息を引き取った…

 

原因もまだ調べていないし、もうかなりの年齢にもなるから、パーツを取り換えて、もう一回動けるように復活させるか、それとも、このまま机の上にオブジェとして思い出を飾るかは決めかねているところ。

 

ジャンク品として誰かに譲るにはあまりにも愛着がありすぎてね…

 

そんなおセンチな別れをするかしないかモジモジしつつも、「だけど、やっぱり、おじさんがメインで使用する機械を調達しないと、なんにもできないなこりゃ…」っていうんで、ネットでいろいろ中古品を物色してもみたんだ。

 

MacBookProと出会うまでは、Thinkpadを長く使っていた。

ウルトラベースっていうのと本体とをドッキングさせたり離したりして使えるっていうi1157っていうヤツ。

13インチの大きな画面だけど、ドックを取り外せばモバイルもできるような軽さにもなるんで、中でも外でも大活躍した。

スペックなんて、今改めてみたら恥ずかしくなるような内容だけど、当時は、「なんだかすげぇやつ」っていうんで、かなりヘビーに使い倒したなぁ。

 

で…なんだか急にThinkpadをまた使ってみたくなって…

今はもうIBMじゃないっていうのが個人的に切ないところだったりもするんだけれどもね。

別に新品なんていらないし、持ち運べるくらいの大きさで、インターネットとオフィスソフトが「そこそこ」に使えればいいなぁぐらいの気持ちで。

昔から、Thinkpadは凄くほしいけれど高い!っていう印象が強くて、今もやっぱりそれは変わらないもんね。

実際メーカーのサイトでカスタマイズで見積もりを出してみると「あぁ…これじゃ手が出ない」って価格になっちゃうのは今も同じだし…

 

でも、オークションなんかを見ると、中古のX240あたりが、企業リースの払い下げ品が?大量に流通しているみたい。

X230とX240で大きな仕様の変化があったようだし、ねらい目かなぁとか思ったりもして…

タッチパッドの使い勝手が微妙だという評価は知っているけれど、値段もかなりこなれているから「ポチ」っとしちゃおっかなぁ…ってことにした。

 

で、昨日無事にゲット手続きが完了し、あとは配送されるのを待つのみ。

 

さっき通知があって、明日あたり品物が届くらしい。

 

今、この記事は東芝のノートブックで書いてみてるけれど、明日からは「相棒が変わりました~」って紹介できるかもしれないな。

 

 

ノークレームノーリターンで購入して、現物も会ってみるまではどんなのが届くのかわからないので、ドキドキ中。

 

長く連れ添ってきた愛機を亡くした心の穴を埋めてくれるようなパートナーが届いてくれるといいなぁ…

 

 

石橋貴明のたいむとんねるを初めて見て、

とんねるず石橋貴明さんとミッツマングローブさんの番組「石橋貴明のたいむとんねる」を昨夜初めて見た。

ずっと興味はあったものの、急な用事が入ったり、会社の飲み会があったりでチャンスを逃していたのでようやくという感じ。

 

結果から言わせてもらうと…

 

「おじさん世代にはどストライク!」

 

地味〜に面白かった!

 

おそらく、あの番組の内容で「面白い」って思えるのは、おじさんと同じぐらいの世代だろうから、かなり対象範囲は狭めになるのかな?

 

若い人たちには「一体なんのこっちゃ?」という内容だったかもしれないかな〜とか思いつつも、自分自身の青春と重なる内容にかなりツボだったかぁな。

 

ゆうべは、白いギター、短波ラジオ、かっこいい自転車(なんて言うか忘れた…)、ケンメリスカイライン、インベーダーゲーム、ヌンチャク、マジソンバッグなどなど、子供の頃にほしかったものを語り合っていましたが、まさにどれもみーんなほしかったものばっかり(笑)

 

 

セミドロップハンドルの自転車、フレームにあるギアレバー、かっこよかったんだよなぁ…

おじさんが欲しかったのはモンテカルロってヤツで、ライトがリトラクタブルだった。

f:id:golgo7087:20180612215823j:plain

画像はネットでお借りしました

 

ハンドルから手を離してギアチェンジするから結構危なかったりしたんだけど、近所の年上のおにーちゃんたちが颯爽と乗りこなしてるのを見て憧れた。

 

タカさんが欲しかった車がケンメリスカイラインだったそうだけど…

おじさんの世代はスカイラインはケンメリじゃなくてジャパンから鉄仮面の頃。

f:id:golgo7087:20180612221016j:plain

こんなのとか

f:id:golgo7087:20180612221038j:plain

こんなのね。

西武警察で大活躍してたいたんだよなぁ。

赤黒のツートンのカラーリングのRSを三浦友和さんが乗ってて、ダッシュにはパソコンもついてなかったっけか。

ちなみに…

渡哲也さんは黄色と黒のフェアレディZ

f:id:golgo7087:20180612221124j:plain

ガルウイングとボンネットのショットガン?は衝撃だった。

ちょうど車にも興味を持ち始めた年頃だったから、思い切りハマったんだよね。

 

 

番組の中で出ていたケンメリRはカッコよかった!

ケンメリのGT-Rは排ガス規制の影響もあって197台しか製造されなかったっていうのは聞いたことがあったけど、赤のケンメリRって1台9800万円もするんだね〜。

 

番組の中でタカさんを乗っけて走ってた白のケンメリRもすごく状態が良くって、現物見たらおじさんも崩れ落ちちゃってたかもしれないな…www

 

 

マジソンバッグも学生の頃は運動着入れてフツーに使っていたし、自作ヌンチャクも「やったやった〜」って笑っちゃった。

 

インベーダーゲームなんかのテーブルゲームだっけ?は、近所のドライブインやガソリンスタンドにあって、学校終われば百円玉握りしめて通ったもんだよ。

田舎にはまだゲームセンターなんてなかったしね。

 

どれもみ〜んな懐かしくって、思わず惹き込まれてしまった。

 

ゲストとMCの二人がノスタルジックな話題を楽しそうに話してるのを見てて、おじさんも瞬間、あの頃にタイムトリップできて…

 思いがけず充実の一時を過ごすことができたのでした。

 

石橋さんのうんちくはエピソードも豊富で具体的で、個人的にはあの人の話は大好き。

特にスポーツなんかは、かなり細かいシチュエーションまでしっかりと覚えてるんだよねタカさんって。

 

内容的なことだけで言えば、「面白い」って受け入れることができる視聴者層は限られてそうだから、視聴率では苦戦するかも知れないけれど、そろそろ人生について疲れ始めてきそうなおじさん世代にとってはオアシスのような番組になってくれそうな気がしながら見ていた。

 

世間ではいろいろと言われているようだけど、おじさんはきっと来週からも見ちゃうんだろうなぁ…

 

まさに、「たいむとんねる」

面白かったな〜

 

 

〜おまけ〜

高橋克実さんは「白のマジソンバッグは〜」って話てたけど、意外に女子が持ってると可愛かった記憶があるけどな〜 デザインも今はオシャレになってるし…