世の中斜めに見ていますっ Z!!

田舎のオヤジの独り言…共感してもらえれば嬉しいな…

今年も3月11日がやってくる

今日は3月10日。

 

明日は3月11日。

そう…8年前の忌まわしい大震災があった日。

 

今日は、朝からどのTV番組を見ても「東日本大震災」から8年を迎える東北の太平洋側の今を特集していた。

 

復興が順調に進んでいる地域

残念ながらまだ十分な復興が進まずにいる地域

 

心の傷が癒えずに苦しんでいる人たち

新たな一歩を踏み出して頑張っている人たち

 

正直、直接の被災地に住んでいなければ、あの震災からどういう道を歩んできたのかなんてわからない。

同じ東北に住んでいながらも、おじさんの生息地はライフラインが復旧してすぐに生活はどうにか元通りに近いところまで復旧した。

住む家をなくし、住む街をなくし、ふるさとを失った人たちがどんな大変な目に会って今日まで歩んできたのかは感じることができない。

 

毎年のようにこの時期になると特集される被災地の今は、しっかりと見ておくべきだとは思う。

 

でも…なんていうか、ドラマティックに仕立てられすぎて、ちょっと違和感があったなぁ。

もっと率直に良いことも悪いことも描いてもいいんじゃないかと思ってみていた。

 

辛いことばかりじゃない。

だけど、良いことばかりでもない。

個人的には、できれば直接被災地に足を運んで、自分の目でどうなったのかを見てほしいと思う。

 

というのも、自分自身、実際に地震から数年を経過した被災地を訪れていろんな衝撃を受けたから。

震災から4年も5年も過ぎても、まだ仮設住宅群がある町。

海岸線の土地の造成はすすんでいても、数年間はそのままだった。おそらく盛り上げた土が安定してしっかりとした地盤になるまでは簡単にはその上に建物を作ることはできないんだろう。

そういうのを実際に目にして、おじさんはようやく「どれだけ甚大な被害だったのか」をいうことを痛感した。

 

偶然だったんだ。被災地に足を運んだのは。

はじめは、子供が行きたいと言っていたイベントの引率で女川の復興祭。

道中いろんなものを目にした。

そこで感じたいろんなことを家族にも感じてほしくて、翌年からは家族旅行にして3月の下旬、子供が春休みになったら出かけている。

宿泊するところも、まともに津波の被害にあった場所を選んで。

高台にある建物の二階部分にサインペンで線を引いて「津波到達点」とか書かれていたのを見て、まだ小学生だった次男は「こんな高いところまで津波が来たの?」とショックを受けていた。

海岸にあったはずの大きな設備が、高台の上に今も放置されているのを見たり、海岸線の林にまだ残っている「これは海の中にあったものだろう」という残骸を見つけては、あれだけの規模の震災、完全復興まではまだまだ時間がかかるのかもしれないなぁっていうことを考えたりする。

f:id:golgo7087:20190310145444j:plain
東日本大震災で流された女川の交番だそうです

 

少し前の記事でも書いたけど、我が家では毎年、非常用の持ち出し用具の点検と非常食の入れ替えをしながら、その日を「あの震災を忘れないようにする日」にしている。

 

そして、毎年3月に出かける女川や石巻への旅行でも「自分の目で被災地の今を見てくる」機会にしている。

 

 

あ~、何を書きたいのかよくわからなくなってきた。

 

今年も、子供の春休みを待って出かける予定。

車に乗って、いろんなところを見ながらのんびりと。

成長した子どもたちが毎年変わっていく町並みを見ながらどんなことを思ってくれるのか…

 

旅行の行程表を考えながら、いろんな思いを巡らせてみたっていう話し。

 

 

~おまけ~

報道写真全記録2011.3.11-4.11 東日本大震災

報道写真全記録2011.3.11-4.11 東日本大震災

 

これかどうかは覚えていないけれど、女川駅の中にある売店にも、あの日を記録した写真集が売られていた。

休憩場所でも見ることができるけれど、やっぱり何度見ても胸が締め付けられる。

 

今年も非常用備蓄品の更新をしました。

3月に入って、今年も東日本大震災があった11日に向けて我が家でも「振り返り」の時間が増えてきた。

 

恒例の「防災用具の見直し」と「消費期限が近づいた食料の入れ替え」をした。

 

今回の食料品の入れ替えでは、「パン」を新たに加えてみた。

パン・アキモト PANCAN パンの缶詰め12缶セット(ブルーベリー・オレンジ・ストロベリー×各4缶)

こんなヤツ。

 

 

 

ご飯を食べるためには、箸と器が必要になる。

パンだと開封して手でつまんでそのまま食べられる。

 

理由はこれ!

 

女房に言われた

「ご飯だと、それだけで食べられないじゃん」って。

 

サランラップを食器に巻いて、食べたあとに簡単に処理できるようなアイディアもあるんだけど、パンだったら食器自体を使わないでも食べることができるでしょって。

なるほどね…

 

非常用の備蓄品はなるべくコンパクトにしたいっていうのがあるから、そういう点でも非常食にパンというのはいろいろと理にかなった食料ってことになるのかな。

 

お米の非常食もバラエティに富んだ内容のものが増えてきているようだし、ここは好みの問題になるのかなぁ。

 

洗い物が出ないっていうのは、災害時には大きなアドバンテージになるのは確かかな。

尾西食品 アルファ米12種類全部セット(非常食 5年保存 各味1食×12種類)

今は、お米のご飯も、封を開けたらそのままスプーンで食べられるようになっているのもあるようだけれどさ。

我が家の非常食には、まだこういうレトルトパウチの食料はないので、次回までに調達しようってことにした。

 

極限状態でも、美味しい食事が取れるっていうのはすごく大事なことだと思う。

頑張ろう」って気持ちになれそうな気がするね。

 

実際、東日本大震災の時は、おじさんが住んでいる地域でさえ、食料が不足して、味気ない食事に心が折れそうになったことがあるし…

 

 

そういえば、非常食にパンがあると、スープに浸せば簡単に離乳食やお年寄り用の食事もこしらえることができるって話も聞いたことがある。

 

東日本大震災の時は、おじさんはそういうところまで考えつかなかったけど、壮絶な経験をした人たちの極限での工夫が、どんどん蓄積されて、いろんな知恵になっていってるんだなぁって実感する。

 

保存食としてのパンだってそうだろうし、食器を極力使わなくてもいいようなパッケージもそう。

 

あんな悲惨な震災はできればもう二度と経験はしたくない。

だけど、絶対ないとは言い切れない。

 

我が家では、毎年こうやって非常用の備蓄品を更新する作業をしながら、あの日のことを風化させないように家族で話をするきっかけをつくっている。

 

 

更新した食品も晩ごはんの食卓にあがって、みなで美味しく食べさせてもらった。

 

 

 

そういえば…

「飲むおにぎり」ってのが出たらしいね。

まだどこで手に入るのかわからないけど、すごく興味がある。

news.livedoor.com

個人的には「これはおにぎりを名乗ってもいいのか?」って思ったりもするんだけど…(笑)

あじはしっかりとおにぎりしてるようだから「おにぎり」なのかな…(笑)

消費期限が長いんだったら、次の備蓄品の更新の際に候補に入れて見ようかなあ。

 

 

~おまけ~

 

パンとお米どっちもあれば、きっと非常時でもどうにかなる!

 

 

おじさんのはじめて チョ~気持ちよかった。

今もオヤジバンドのドラマーとして細々と活動中のおじさん。

学生の頃から数えてバンド活動は30年近くなるんだけど、この前のライブで、一曲だけ、初めてボーカルを取らせてもらったんだ。

 

いつもは、ステージの一番後ろに陣取ってドラム叩いているわけで、見える景色がまるで違うことへの戸惑いもあったけど…

バラードチックなアンプラグドの曲でね、ドラムセットから立ち上がってステージの前まで歩いていったら、会場はざわめくよね。そりゃ当然だ(笑)

「あいつなにしてんだ?」みたいな。

 

で、アコースティックギターが短めのイントロを奏で始め、続いておじさんが歌い出したら、「おぉ!」って小さなっ歓声が上がった(笑)

まぁ、そんな柄じゃなかったし、「まさか」って感じだったんだろうね。

 

それにしても、なにせ初めてのことだったから、緊張して口の中が粘つくくらいに乾燥しちゃって、歌い出しのワンフレーズも声が上擦ってしまったけど…

 

すぐ目の前の席で一緒に体を揺らしながら口ずさんでくれてる女の人とか、目があったら親指を立てて目くばせしてくれた男の人とか、同じステージの上でも、ドラムセットに座ってる時には見えなかったものがいーっぱいあった。

 

 

これはこれでチョー気持ちがいい!!

 

ま、某イベントの余興みたいなもんで、この後もおじさんがステージで歌を披露する機会は限りなくゼロだから、あの日おじさんの歌声を聞いてくれた人たちは、とても貴重な体験をしたことになるのかな…あはは

 

 

「思っていたよりもハイトーンが伸びるんですね。」

「お顔だけ見ると、もっとハスキーで酒でつぶれたような声していると思っていました。」

みな、おじさんの声の質は意外だったらしく、本人も引いちゃうぐらいに反応があった(笑)

 

ま、今宵限りだから、あとは都市伝説として語り継いでください…(笑)

 

 

~おまけ~

ゴールデン☆ベスト C-C-B[スペシャル・プライス]

ゴールデン☆ベスト C-C-B[スペシャル・プライス]

 

ドラマーさんが歌うといえば、おじさん世代で真っ先に思い浮かぶのはこの人たちかな?

カラフルな髪の毛と、シモンズのエレドラがとっても衝撃だったのを覚えているなぁ。

 

『ぶち破れ!今までの自分!』…ぶち破りた~い

二十歳過ぎに薄毛が始まりはや四半世紀。

まだ当時(1992年頃)は、ミノキシジルという成分は発見されておらず、「発毛」ではなく「育毛」「養毛」という言葉が使われていた。

 

毎日、鏡を見ながらSUCCESS育毛トニックを頭に噴霧しては、必死になってマッサージをしてみたものの、期待するような効果は得られず…

 

気がつけば「もう諦めるしかないのかな…」というレベルにまで薄毛は進み…

f:id:golgo7087:20190213225037j:plain


 

医療機関で医師から診察してもらえるAGAが確立した数年前

本気で受診することを考えてみたりもしたけれど、

「この歳になって薄毛を気にしたところで何に対してメリットがあるんだろうか…」と自分自身の変わりたいという思いに言い訳をして封をしてしまった。

 

ドラッグストアで「リアップ」の幟を見てはため息をつき

 

洗面所で鏡にうつる自分を見てはため息をつき

 

 

最近、テレビを見ていて本田圭佑さんの「ぶち破れ!今までの自分!」ってキャッチコピーでかっこいいCMを見た。

一通り見終わって、ずっと自分の中で塞いでいた思いがグツグツと湧き上がってくるのを抑えることができなくなった。

jp.rohto.com


リグロ「ぶち破れ今までの自分」篇 15秒 WEB-CM

 

このCMを見ていて

「まだ遅くはないかな…」

「今からでもやってみるか!」

そんな気持ちが湧いてきたんだ…www

 

男性型脱毛の救世主「ミノキシジル」を国内最大配合5%がウリなんだって。

市販の医薬部外品では最大濃度なんだね。

 

医療機関に足を運ぶ勇気はなかなか出せないけれど、ドラッグストアや通販で購入することはできそうだし。

 

 

1年後、フサフサになった自分の頭を撫でながら「効果ありました~」ってレビューができることを目指して、新年度から始めてみることにしよう!

 

みてろよ~

ライブの時に防止で頭を隠さなくても良くなってみせるから~

子供の学校行事でコソコソしなくなるから~

 

 

~おまけ~

これだよ!

 

ちなみに…

こちらも、成分は5%配合なんだって。

 

どっちを選ぶかはアナタ次第。

 

 

 

世界中が応援してますよ

水泳の池江璃花子さんが、白血病の診断を受けたと発表したことが大きな話題となっている。

おじさんも言葉を失うほどの大きな衝撃を受けた一人。

 

完治する人がいる一方で、若くして命を落とすこともある病。

 

今朝のニュースでは、どの番組を見ても、トップニュースになっていたけれどもさ、彼女が治療に専念できるように最大限の配慮をしてほしいと思う。

時にマスコミは、「心配している」フリをして、面白がって騒ぎ立てるだけとか、視聴率?がほしいだけで「踏み込んだらいけない領域」にまで土足でズケズケと入って行ったりすることがあるからね。

すでに入院をして治療を開始しているそうだけど、まだ十分な受容ができていない段階で、ワイドショーあたりであれやこれやと騒いでいるのを見てしまったら、彼女にとって何かしらのダメージになってしまうことは容易に想像できる。

ホント徹底して配慮してほしい。

 

 

自分も、後輩をこの病気でなくしたことがあってね。

一度寛解したのに、再発してさ…

医師から「寛解」の言葉をもらうことができてから2年ほどして、「風邪ひいたかな…」って受診して再発が確認されて…

 

 

 

今は医学も進んで、白血病は治る病気になってるそうだけど、それでも世界記録を持つトップアスリートだけにこの病気のカミングアウトっていうことの衝撃は大きいよなぁ…

 

 

この期に及んでオリンピックと紐つけてあれやこれやと騒ぐ輩がいるのが残念だけど、とにかく今は治療に専念して、「治りましたー」って笑顔で報告してくれる日を待ちたい。

 

 

 

 

頑張って!

 

世界中のみんなが応援してるから!!!

日記を付け始めた次男

中学1年になる次男が日記をつけ始めたらしい。

「いいこともやなことも、誰にも言いたくないことも、日記だったら自由に書けるし」って言っていた。

 

誰にとがめられるでもなく、自分の想いを自由に書き出すことでストレス発散をしているとのこと。

 

おじさんが今こうして書いているのも「ウェブログ

所謂インターネットという媒体に書き残している日記なわけだ。

もっと自由にいろんなことを書ければすっきりするんだろうけれど、やっぱり、誰かが見ているという前提で書くことになるから、読んでくれた人が不快な思いになったり、後味悪くなったり…というようなものは書かないようにしているし、書けない。

 

下書きのところには、思い付きで書きなぐったいろんな想いが不発のままに保存されているのがいっぱいあって、それらはみんな「どっちかってぇと、後ろ向きな内容のものばかり」。

 

「いっそ、おじさんもブログじゃなくて、別の形にして日記を書き綴ろうかな」

そんなことも思ったりした。

 

「裏アカウントでもこしらえて、ブラックな内容はそっちに全部ぶち込んでみるってのもありかな?」

そんなことも考えてみたり…www

 

 

次男の日記も、何年か経って読み返してみれば赤面するような内容が書かれていたりするんだろう。

それでも、「今の自身の想いを書き出す」という作業は次男にとってきっと何かしらのプラスになっていることは間違いない。

 

学校では人並みに友達付き合いはあるようでも、やっぱり言えないこともあるんだろうね。

 

おじさんだってそうだもんね。

 

 

 

~おまけ~

アピカ 日記帳 3年日記 横書き A5 日付け表示なし D307

アピカ 日記帳 3年日記 横書き A5 日付け表示なし D307

 
アピカ 日記帳 5年日記 横書き A5 日付け表示あり D304

アピカ 日記帳 5年日記 横書き A5 日付け表示あり D304

 
アピカ 1年自由日記 横書き B6 D112 日付表示なし

アピカ 1年自由日記 横書き B6 D112 日付表示なし

 
アピカ 日記帳 10年日記 横書き B5 日付け表示あり D305

アピカ 日記帳 10年日記 横書き B5 日付け表示あり D305

 

1年とか10年とかいろんな日記帳があるんだね~。

 

今日の月曜日はお休みで良かった~【3年A組】にハマった家族のお話~

少し昔であれば「サザエさん症候群」なるものがあって、

夕方に笑点から始まってちびまる子ちゃんサザエさんとテレビを見ていると、「あ~、また明日から働かないといけないなぁ」って気持ちがブルーになるとかいう、日本全国的に見られる気持ちのことをいうらしい。

サザエさんを見ない我が家ではあんまりそういう状況というのはなかったんだけど…

年明けから我が家では、別の理由で「月曜日の朝が辛い」状況になっている…www

 

原因は【3年A組~今から皆さんは、人質です~】に家族勢揃いでどっぷりとハマってしまったこと。

www.ntv.co.jp

その前のドラマ【今日から俺は!!】は、コテコテの笑いが満載で、日曜日の最後の最後に大笑いして「さて、また明日から頑張っか!」ってなれたけど、

www.ntv.co.jp

【3年A組】については、目まぐるしく展開する物語もそうだし、俳優さんたちの鬼気迫る演技に手に汗するし、見終わるといつもいい意味でどっと疲れる。

 

昨晩は水越涼音が物語の中心で話が進んでいた。

水越役は福原愛さん。

子どもたちがまだちっさい頃に「まいんちゃん」として大人気となった女優さん。

あの当時の面影を残しつつ、すっかり大人びたまいんちゃんをみて、なんだか感慨深い気持ちになったりして…(笑)

 

朝にシューイチで「菅田将暉の演技や迫力に引っ張られるような形で、クラス全員の演技の熱量が上がっていく…」みたいな話をしていたけれど、本当にね、毎回、なんて言えばいいのかな…すごい熱量が画面からしっかりと伝わってくるんだよね。

 

昨夜の柊先生と水越涼音とのやりとりでは、(あれ…今回は少しやりすぎじゃね?)って思うぐらいに掴み上げて、振り回して、蹴り上げて…

だけど、もうカウントダウンが始まったであろう柊先生の命の灯火と、限られた時間でどうにかして伝えなければならないいろんな思いが感じられて、胸にいちいち突き刺さるんだ。

それに反応してアップで涙をこぼすまいんちゃんの演技力?もそうだし、生徒役の俳優さんたちの姿には圧倒されっぱなし。

 

だから、毎回すごく見終われば、しばらく放心に近い感じで余韻を噛み締めてから布団に入ることになる。

 

はじめから違和感ありありだった武智先生が犯人らしいという展開は、「やっぱりか…」という感想だったけど、これだけいろんな伏線が張り巡らされて、どんどん展開していく中では「もしかしてここからまた何か別の流れが生まれるのか?」という期待もさせてもらえているし。

 

今日から俺は!!】の時は、一話ぐらい見逃しても「しょうがないっか」って済ませられていたんだけど、【3年A組】に関しては、「一話も見逃せない!!」って家族揃って、日曜日の夜の予定を調整してるの…www

部活の親の会の集まりや、会社の飲み会や、知り合い同士での集まりなども、この番組が始まる前までには帰宅するようになったし…あはは

 

それにしても…

あんまりドラマなんて見ない我が家の家族がさ、偶然に見た第一話で思い切りハマって、それから毎回全員揃ってテレビに釘付けだよ…

それだけ、面白いドラマってことなんだろうね。

 

おじさん個人的には、茅野さくらの新日プロレスのちょいネタがまた「ツボ」なんだよね。

プロレス好きにはたまらないところをツンツンってしてくるんだもの…

昨夜も笑かしてもらった。

 

ドラマは終盤に入り、このあとも目まぐるしく展開していくんだろう。

もうしばらくは月曜日の朝に「眠い~。でも、昨夜も面白かった~」って言いながら家族の朝食があるんだろうなぁ…

 

 

このあとも見逃せない!!

 

 

~おまけ~

cu.ntv.co.jp万が一見逃してしまっても、日テレオンデマンドで最新話が配信されてるようだね。

www.happyon.jphuluでも見られるし…

 

って、おじさん家族、面白そうなテレビがない時にもう何回このドラマを見直したことか…www

 

 

久々に「おすすめ」のドラマになったなあ。