世の中斜めに見ています~Z!!

四十路を過ぎた田舎のおじさんが書いた,とりとめのない雑記ブログです

毎朝の出来事から

毎朝、猛スピードで追い越ししていくシルバーのス○リーム。

センターラインがオレンジだろうが、混雑していようがお構いなしでビュンビュン抜いていく。

 

東名高速であんな事故(事件?)があったことが大々的に報道されているさ中でも「俺とは関係ね~」とでも思っているんだろうか?

 

今朝もやっぱりやってきた。

 

はるか後ろからセンターラインを何度も割り出してはどんどん迫ってくる。

 

ただ、いつもと違っていたのは、おじさんの数台前にパトカーがいたこと。

 

順調に?おじさんの後ろまで来たのはいいけれど、追い越そうとしてセンターラインを越えたところで気づいたらしく、追い抜かずにそのまま元の車線へ…wwww

 

なんだよー、パトカーにビビってんの?

どうせなら、パトカーもブッチギってくれれば本物だって認めてあげてたのにー(笑)

 

ずっと後ろにいたからバックミラー越しにお顔も拝見したけど…

おじさんよりもオッサンじゃないの…

 

いい年してなにしてんだか…

 

もしかして、未だに土足厳禁とか言ってんじゃないよねー。

 

 

ハンドルを握るなら、その瞬間だけでも構わない、紳士淑女でなければならない。

事故防止への覚悟、歩行者への気遣い、同乗者への配慮…etc...

 

やっぱりさ、その想いをしっかり持てない人はハンドル握っちゃだめだよね~。

 

 

 ~おまけ~

交通事故を7割減らすたった2つの習慣

交通事故を7割減らすたった2つの習慣

 
柴犬ステッカー 安全運転中

柴犬ステッカー 安全運転中

 
安全運転?ムジ娘ちゃん

安全運転?ムジ娘ちゃん

  • アーティスト: 八王子P×夢眠ネム
  • 出版社/メーカー: MEME TOKYO / TOY'S FACTORY
  • 発売日: 2017/07/05
  • メディア: MP3 ダウンロード
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

 

災害時に一番困るのは何だろう?

冬支度をしながら…

薪ストーブの準備も終わり、冬支度もかなり準備が進み、本格的に我が家も「冬モード」になってきている。

 

「せっかくだから」というので、防災用具のチェックや賞味期限の確認をして、必要な物品の入れ替えもしてみた。

なにが「せっかく」なのかはわからないけれど…www

こういう作業って、定期的にとか計画的になんて言っても忘れてしまってることが多いもんだから、我が家ではこういう時を使ってなるべくマメにチェックするようにはしている。気が付いたときに中身を確認しておけるから、いざとなっても「中に〇〇が入っている」っていうのも記憶にとどまってくれてるし。

 

 

最近は、北朝鮮のミサイル発射騒動や大地震なども鳴りを潜めていて気持ち悪いぐらいに静かだけど、もし万が一大地震や戦争なんかが起こってしまって、ライフラインが寸断された時、何に一番困るだろうか…

 

【なによりも水】

まず第一に困るのは【水】だろうか。

やっぱり水だよね…

飲料水としてもそうだし、生活用水として、とにかく水は様々な場面で大事な役目を担っている。

災害時に何に困ったかという調査では「水がなくてトイレが流せなかったのが一番困った」というのが圧倒的に多かったと聞くし。

洗濯もお風呂も制限されれば、衛生的にもリスクが高くなっていく。

 

それでも、洗濯やトイレを流す程度の用途であれば、雨水をためてなどといった形でどうにか確保できなくもないんだろうけれど、飲料用の水となると、安全に口にすることができるかどうかというのはまさに死活問題。

 

人が生きるためには1日1,000~1,500mlの水分が必要だっていうしね。

ただ、防災用具として備蓄するとき、この水というのはかさばるので保管場所に苦労するのも事実。

 

仮に1日1.5リットルの飲み水が必要だとして、我が家は家族7人。

これで1週間分の水を備蓄しておくとなると…

そしてこれを定期的に更新するとなれば…

 

幸いにして?

おじさんの生息地界隈では湧水が豊富なもんだから、昔からの集落ではどこの家にも「井戸」があって、ポンプでくみ上げて生活に今も現役で使用している家庭もあれば、蓋をして使用してはいないものの、水は枯れていないというところも多い。

こういうのって、新興住宅地や都市部では考えられないアイテムなんだろうね。

電気が止まってしまっても、水のくみ上げ方法さえどうにか確保することができれば、水の問題は解消できるということになる。

 

東日本大震災の時も、井戸の蓋を開けてロープをくくりつけたバケツを下ろして水を確保した。

地下に浸透する過程で十分ろ過されている井戸水は、水脈上によほどの汚染された土壌などがない限りは、飲料水としてもどうにか使えるレベルは確保されてる。

(一応、毎年水質検査は地域ぐるみで各井戸を実施しているから、飲み水としても問題はないということになってるし)

 

このまとまった量の飲料水が確保できなくなってしまったらどうするか…

 

そんなときのことも考えて、おじさん家の防災セットには「ライフストロー」なるアイテムが収納されている。

ライフストロー(LifeStraw) パーソナル

ライフストロー(LifeStraw) パーソナル

 

泥水でも、このストローを使って吸い上げれば、しっかりとろ過されて衛生的できれいな飲み水になるって代物。

ただ、ストローだから使い方は限定されちゃうんだけどもね…

とりあえず井戸があるので、これがあれば最低限の飲料用の水の確保はできるかなと…

 

まとまった量が必要であれば、パーソナル浄水器みたいのもあるようだし、用途を想定しながら準備して損はないと思う。

 

 

 

 

海水などから水蒸気を発生させて純水を取り出す方法もあるけれど、災害時に大掛かりな装置や、火を用意するというのはあまり現実的ではないだろうし。

ま、これも薪ストーブがあれば割と安全で簡単に火を扱えるんだけれどもね。

話し反れちゃうけど、屋内でも屋外でも薪ストーブの使い勝手の良さは、サバイバルやアウトドアなんていう環境では更に本領を発揮してくれるんだろうと思う。

 

 

 

ペットボトルを段ボール箱で調達するよりは、ずっとコンパクトだし、使い方もいろいろなんじゃないかな。

 

飲み水を簡単に調達できる…

防災用具に欠かせないアイテムだね。

 

 

~おまけ~

上はamazonのサイトで拾い上げてみたものですが

簡易なものから本格的なもの、少量の精水から大容量まで、「ライフストロー」や「アウトドア用浄水器」で検索すればいろんなのが出てきます。

防災用具をチェックする際には、是非1つ用意してみてはどうでしょう。

 

 

 

 ~おまけー2~

外で簡単に安全に火を扱えるアイテムとして、薪ストーブの良さはぜひ感じてほしいなぁ。

暖房器具として、網焼きでもばっちり、お鍋やダッチオーブンも問題なし、天板を外せば直火もオッケー!!

冬場のアウトドアやBBQするなら、一般的なバーベキューコンロよりもずっと使い勝手も良いし、おすすめですよっ。

その辺に堕ちてる落ち葉や木の枝が燃料になってくれるし。

 

 

足音

灰色の雲が低く広がる空

 

冷たい雨

 

紅葉

 

刈り取られた田圃

 

 

 

冬が来ちゃうなぁ…

待ちぼうけ…

お客さんで「どうしても日曜日しか時間が作れない」という方がいた。

それを受けて、日曜日に訪問することにし、出勤してきたのだけれども…

 

訪問時間を確認しようと思い「いると思います」と伝えられていた時間に自宅に電話をするも繋がらず。

携帯電話にかけても留守電になり…

 

何度か繰り返し連絡を試みるも、やっぱり不在…

 

 

…ヤツめ、おじさんとの予定をすっかり忘れてどっかに出かけたな…

 

 

とりあえず、このまま帰るわけにもいかない。

 

連絡がとれるまで頑張るしかないか…

 

 

 

~おまけ~

 

 

一億円…

一億円くれるってメールが来てた。

忘れた頃にくるんだよねー。

 

勿論スルーなわけだけど、ホントに一億円をポンとくれるような奇特な人いないもんだろうか…

子供の教育費、生活費、各種ローン…

田舎の安い賃金だと貯蓄なんてまるでできない。

 

きっと一億円もらったとしても、生活費や老後の蓄えになって、贅沢なんてできないだろうし。

 

おじさん、大事に使うよー(笑)

 

公的年金が老後の生活保障のベースにはなり得ないこのご時世。数千万円は蓄えがないとフツーの暮らしさえ危うくなるとか。

 

…このままじゃ、おじさんフツーの暮らしが出来なくなる…汗

 

本格的に副業考えた方がいいかなぁ…

 

はぁ、やっぱり誰か一億円…

おじさんの預金口座まだまだ入りますよー。

 

 

~おまけ~

 

お金をかけずにお金を稼ぐ【儲け】のアイデア発想術

お金をかけずにお金を稼ぐ【儲け】のアイデア発想術

 
難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

 

 

車を運転するならば…

毎朝、決まった時間に、すごい勢いで追い越しを繰り返しながら走っている車がいる。

そんなに急いでいるのなら、もっと早く家を出ればいいのにさ。

車が見えなくなるまで、何回も何回も追い越しを繰り返しながら猛スピードで走り抜けていく。

遭遇するたびに、朝からいや〜な気持になる。

 

そういえば、高速道路で煽り運転、急停止などの嫌がらせをして、結果、交通事故を誘発して2人の命を奪ったヤツがいた。

news.livedoor.com

直前のパーキングエリアで通路を塞ぐように車を停めていたことを注意されたことを逆恨みしての嫌がらせだったとか…

 

ハンドルを握ると性格が豹変する人もいるけれど、それ以前に、人間的にハンドルを握らせることに疑問を感じるような人も実際いる。

 

 

おじさんが遭遇する毎朝の追い越し割り込み運転してる人もそうだけども、自動車免許の取得時や更新時に、技術的なことよりも、人間性をしっかりと評価して免許を与えるかどうかを判断してほしいと思うこともある。

そういうのって、今の時代すぐに分かるような検査とかあるんじゃないのかな?

 

 

 

2人の命を奪ったヤツは、「こんなことになるとは思っていなかった」なんて、見え透いた言い訳をするんだろうか?

それとも、「あいつがウゼぇからやったんだよ」って意気がって反抗的な態度をとるんだろうか?

 

いずれにしても、過失運転致死剤なんていう甘っちょろい罪じゃなく、2人の命を意図的に奪ったという行為に対しては厳罰を与えてほしいと思う。

 

 

 〜おまけ〜

あの日 鹿沼児童6人クレーン車死亡事故 遺族の想い

あの日 鹿沼児童6人クレーン車死亡事故 遺族の想い

 
遺書~優真に~

遺書~優真に~

 

 

おじさんの愛機が危篤なんです…

愛機Macbookproがここのところ、調子が悪い。

まぁ、2010Mid モデルだからね…

かなりハードに使い倒しているから、そろそろ寿命だよって言われればその通りなんだけれどもさ…

 

バッテリーは充放電回数が規定回数を超えてこんな表示が出るようになった。

f:id:golgo7087:20171009174853j:plain

“バッテリーの交換修理”って…

 

SDカードリーダー部分は反応しなくなり、2つあるうち1つのUSBスロットもまったく反応しない。

 

それでも、画面は十分すぎるくらいきれいだし、ストレージも何の問題なく動いてくれているもんだから、とりあえず「まだ使えるよね…」って、現役のままで酷使しているけれど、これって「生活習慣病の人がフル稼働で仕事させられている」状況だもんね…

いずれ無理させている歪みは一気にきそうですごく不安。

 

起動も、ちゃんと使えるように準備できるまで、煙草数本吸えちゃうぐらいの時間を要するようになった。

前は、スリープからは一瞬で復帰。

ハイバネーションしていても、あっという間だったから。

電源が落ちてる状態からだってサクサクだったのに〜。

それと比較すれば、現状は「明らかにやばい」って実感できるほどの違い。

 

 

一度全部オーバーホールして整備すればいいとは聞いたけど、見積書をとったら、程度の良い中古が買えちゃうぐらいのコストがかかるし…

 

まだまだ脳死判定されるまでは時間がかかりそうだけれども、早い段階で、部品取りジャンク扱いで臓器移植を考えた方がいいんだろうか…

 

悩ましいところだなぁ…

 

 

〜おまけ〜

Windowsもいいけど、やっぱり、Macの扱いやすさは別格なんだよね…