世の中斜めに見ています~Z!!

四十路を過ぎた田舎のおじさんが書いた,とりとめのない雑記ブログです

最強にして最長の寒波が日本を覆っているようだけど…

日本列島をこの冬一番の寒波が襲い、西日本の日本海側を中心にして大雪で生活が大混乱しているようだ。

連日のように天気予報では「西日本から北日本日本海側は平野部でも50センチの積雪に注意が必要です」なんていうフレーズが流れ続けているけれど、今のところ、おじさんの生息地界隈ではほぼ積雪はゼロ。

 

普段は雪が積もらない地域で積雪して、スノータイヤに帰る習慣がないために交通が大混乱したり、発達した雪雲から落ちてきた雷で電波塔が被害を受けてテレビが映らなくなっていたり、事故も多発しているようだし…

 

猛烈な北風が吹き荒れて肌に突き刺さるけれど、雪が降らないだけでもかなり救われている。

 

そういえば、今年は雪かき作業も例年と比較して稼働した回数は少なめかな?

 

「ほかのところでは大雪で大変みたいだよね~」なんて挨拶ができるぐらいに、とりあえずは気持ち的も余裕がある。

だけど油断は禁物。

もしかして一番最後にどでかいやつに見舞われるかもしれないし、こればっかりは終わってみるまでわからないからね。

 

被害を受けて混乱している地域が一日も早く収束することを願うばかり。

 

 

 

~おまけ~

 

働くおとうさんの悲しいお正月。

数年ぶりに取得することができたのに、何の予定もなく過ごしてしまったお正月も終わり、また、怒涛のワーカホリックな時間が始まっている。

悲しいかな、秒単位で尻についた火をほろいながら走り回っている方が精神的に安定しているというのは、おじさんが知らずに身に着けてしまった習性なんだろうけれども…

 

たまの休みができると、猛烈に予定を詰め込んでしまうクセに、連休となると途端に何も予定を組めなくなってダラダラと過ごしてしまう…

この度のお正月もそう…

家族もしかりで、「おじさんには連休がない」と思っているもんだから、イザ「連休もらうことができた~」といっても、じゃ何をしようかという思考回路が作動しないようだ。

 

おじさんがいない形での連休の過ごし方は心得ているものの、そこにおじさんが加わると何もできなくなってしまう…典型的な日本の悪しき文化習慣の代表格のような我が家の家族関係は、せっかくの連休というときにニョキっと顔をもたげる。

 

「留守番しているから、どっかに行ってくればいいよ。夕飯は作っておくから。ゆっくりしておいで。」

女房と子供たちにそう告げると

「じゃ、ちょっとお買い物しながら初売りに出かけてくるね~」と嬉々として出かけていく。

 

誰もいなくなった家に取り残されて、とりあえず掃除機かけて、洗濯して、あとはテレビをつけながらソファにごろ寝。

家で酒を飲む習慣もないもんだから、スマホゲームしてみたり、パソコン開いてネットしてみたり…

こんな1日を繰り返していたような…

 

 

…う~ん、思い返すとなんて虚しいお正月を過ごしていたんだろうか…

 

 

何だか涙が出てくる…

 

 

~おまけ~

核DNA解析でたどる 日本人の源流

核DNA解析でたどる 日本人の源流

 
代表的日本人 (岩波文庫)

代表的日本人 (岩波文庫)

 

 

 

 

 

 

せっかくだけど…やっぱりや~めた

例年、お正月明けのこの時期は、仕事が猛烈に溜まってしまう。

毎月ごとの実績を月初に取りまとめて提出する必要があるんだけれども、関係する会社もみ~んなお正月休みに入るから、大概実績が届くのは5日前後になる。

普段なら一週間近い期間があるので通常の業務をこなしながら実績のとりまとめをするのもさほど苦にはならないんだけれども、1月は実質的に数日しか作業できる平日ってのがないもんだから…今年なんて5日が金曜日、そのあと6~8日が週末と祝日で世の中は3連休。週明けの9日と合わせても、普段一週間かけてこなす作業をたった2日で完了させなければならない。

当然、物理的に厳しいと判断をすれば休日出勤の願いを出して仕事をするわけで、実は、今日も一人で会社に出てきているところなんだ。

 

ところが…

正月休みの余韻を引きずってしまっているのか、他に原因があってのことなのかはわからないけれど、いつもならタイムカードを押したところで「お仕事モード」に気持ちが切り替わるのが、今日はまったくスイッチが入らない。

少し手を進めるとすぐに(少し休憩)ってのが続いてしまい、モチベーションが切れてしまったところで、気分転換に?この文章を書いているところ。

 

せっかく休みに出社して仕事してるんだから、もう少し気持ちが入ってもいいようなもんだけれど、ホント今日に限っては「全く」気持ちが入らない…

心病んだ辺りにはたま~にこういうこともあったんだけれども、ここ最近では珍しい。

自分でもどうしていいか思案中。

このままダラダラと机にしがみ付いていた方がいいのか、今日はスパっとやめにして、明日や明後日に仕切りなおしたほうがいいのか。

 

過去の経験から言えば、こんな時は、ムキになって居残っても仕事が前に進むことは期待できないから、日を改めて出直したほうが絶対に結果に結びつくんだけどもさ…

 

そうした方がいいかな…

 

帰ろうっと…

 

 

~おまけ~

がんばり屋さんのための、心の整理術 (Sanctuary books)

がんばり屋さんのための、心の整理術 (Sanctuary books)

 

  

 

 

 

 

ボロボロに剥がれ落ちてるんじゃない?

「国技」と言われているスポーツを取りまとめる「協会」という組織の「威信」というメッキが、あるトラブルをきっかけにしてボロボロ剥がれているというニュースを年末辺りからよく目にしてきた。

 

今日(1月4日)も、ある節目になるような決議がされたようで、これもまたネットを大賑わいさせているようだね。

 

記者会見をするたびに、その組織の上層部に位置付けられているらしい人たちが発する言葉を聞いても、日頃から「品格」「礼節」と言い続けている組織でこの程度か…と思ってしまう虚しさ。

特にそういった「品格」や「礼節」ってのを重んじている業界だと思っていたから、今回の一連の騒動?で猛烈に幻滅してるところ。

 

お花の偉い先生だとか、検事の偉い肩書を持っていた人だとか、横綱っていう階級で活躍した人だとか…

もっと、そういう人たちは「社会通念上の常識」ってのをしっかりと携えているんだろうなって思っていたけどね…

ザンネンながら、すべてがすべてそういう人たちばかりってわけではなかったようだね。

 

個人的な利益や恨みつらみが大事な決議や議論に露骨に影響するような組織ってのも…

自分が所属する組織がそうじゃなかったてのをホントありがたいと思う。

 

 

個人的にはその競技にはほとんど興味も関心もないし、取りまとめる組織がどうなろうと知ったこっちゃないんだけども、何ていうのかな…力を持ってしまった人たちの理不尽な言いがかり?が、あんまりにも「理不尽」なもんだから、呆れかえるほどくだらないんだけど笑うこともできないっていうね…

 

 

一連のスキャンダルの中で印象的だったのは、それぞれの立場でのいろんなコメント。

 

「何気ない暴力」ってのが、この業界では今でも「当たり前」なんだなぁって…数年前に、この「何気ない暴力」のせいで若い命が絶たれる事件が起こってて、業界全体で最も重きを置いて取り組むべき問題としていたような気がするんだけどね…

 

「もっと速やかに報告をしていればこれほど大きな事件にならなかった」とか…それって、(おおごとになる前にもみ消してしまうから大きくならなかった)の言いかえ?

ケガをするほどの暴力トラブルを真っ先に報告(通報)する先として、「警察」ってのは選択としては間違ってる?

自分が知っている限りでは、地元の飲み屋で同じように流血するほどのトラブルが起こると、真っ先に連絡するのは職場の上司ではなくて警察なんだけどな…

 

必要なところへの報告をしなかったり、上司からの電話に出ないなどといった「著しく礼節を欠いていた」っていうのも…たしか記憶が確かならば、警察に被害届を出したあとにしっかりと報告もされていたような気が…警察からの確認の連絡もあったとか聞いてるけどね…

一緒に飲んでいた同僚たちは、「上司」への報告はなかったんだろうか?

その業界のトップに君臨する肩書を持った人が何人もいたはずが、誰一人として報告をしていなかったということに対しては「礼節を欠いていた」には該当しないんだろうか。

ぶっちゃけ、少し意固地になってトラブルの当事者からのアプローチを拒絶している感じはあって、「大人げないのかな」って感じることもあったんだけどもね。

 

他にもワイドショーが飛びつきそうなどす黒い「スキャンダル」もいろいろと絡んでいるような噂も聞くし、そういうことすべてが詳らかにされてしまえば、この業界も組織も致命的なダメージを負ってしまう可能性もあるんだろうね。

 

 

ま、個人的にはどうでもいい話。

 

 

いずれ「正義は必ず勝つ」っていうゴールにたどり着いてくれることを願っている。

どうなるかなぁ…

 

 

 

~おまけ~

大相撲タブー事件史 (宝島SUGOI文庫 A へ 1-85)

大相撲タブー事件史 (宝島SUGOI文庫 A へ 1-85)

 

 

仕事始め

珍しく三が日をフルで休めた今年のお正月。

 

今日からまた、気持ちも新たに頑張りますか。

師走・おじさん・独り言…

職場に、

「私が言うことが正義!」っていうようなおばはんがいる。

「俺の言うことの方が正しい」って真っ向からぶつかるにいちゃんがいる。

だもんで、いつもその2人を取り巻く雰囲気はピリピリと張り詰めている。

 

 

おじさんにすれば「どっちも間違ってるような気がする」ってもんだけどもさ…www

 

 

自分の主義主張を声高らかに訴えるのは悪いことではないけれど、いろんな人の意見も聞いておいた方がいいんじゃないかなぁ。

 

あとで赤っ恥を書くのはご自身ですからね~

 

 

 

~おまけ~

これからの「正義」の話をしよう (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

これからの「正義」の話をしよう (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

 
知財の正義

知財の正義

 
正義論の名著 (ちくま新書)

正義論の名著 (ちくま新書)

 
「正義」は決められるのか?

「正義」は決められるのか?

 

 

 

さむい~

ひっさびさの更新。

 

昨日からおじさんの生息地界隈は猛烈な冬型のお天気で大荒れ…

風が強いから体感的に寒いさむい…

 

しかも!

あろうことか、薪ストーブが逆流してスモークおじさん状態…

f:id:golgo7087:20171226075126j:plain

※画像はあくまでイメージです

 

煙突の先っちょには風の向きに併せて排気口が動いてくれるのつけてるから、逆流なんてしたことなかったのに。

 

やむを得ずファンヒーターを引っ張り出してきて、どうにか暖を確保している状態。

年内はこんなお天気が続くような予報もでてるし、今日は仕事帰りに灯油のストック調達しておくことにするかな。

 

それにしても…

先週末煙突掃除もしたばっかりで、まさか、家じゅう煙らせちゃうなんてね。予想もしていなかったよ。

それだけ、今回のお天気は特殊ってことなんだろうね。

 

 

あと数日で今年もおしまい。

まだ仕事は月末のせわしなさど真ん中だけど、少しずつ1年を総括しながら、来年に向けて準備を始めるとしようかな。

 

 

 

 

~おまけ~

安倍政権 総括

安倍政権 総括