世の中斜めに見ています~Z!!

四十路を過ぎた田舎のおじさんが書いた,とりとめのない雑記ブログです

地震雲

【スポンサーリンク】

東日本大震災以降、オカルトチックなことも含めて、「地震予知」とか「地震予兆」とかいうことに若干過敏になりかけているおじさん。

 

昨日の帰り際、職場の駐車場で何気なく空を見上げると…

ある方向(というかある地点)に向けてきれいに整列したウロコ雲の筋が放射線状に出ていた。

扇形に広がるウロコ雲は、雲の境目が気持ち悪いぐらいにはっきりとしていて、夕暮れ時というのもあり、オレンジ色や薄紫色に染まったそれらの雲は、おじさんの地震へのトラウマを呼び起こすには十分すぎるものだった。

 

通勤時間約40分。

雲は形を変えることもなく、ず~っと一点に向かって隊列をなしていて、更にその向こう側にも空との境目をはっきりと分けた帯状の雲が見えた。

 

「あれって地震雲じゃね?」

先に帰宅していた女房に聞いてみようと思うより先に、次男が玄関まで出てきて、

「お父さん、今日の空って気持ち悪くない?」だって…

 

やっぱりみんな感じているのか…

そうだよね。おじさんが気づくぐらいだから、この空の異様さは見たらすぐにわかるよね。 

 

「ここ数日は少し地震や災害に気を付けないとね」

改めて、玄関の脇に隠してある防災袋を取り出して中身を見てみるおじさん家族。

 

 

数日前に50年に1度の大雨に見舞われた地域があるのも同じ県内。

地震だけじゃなく、不安定なお天気にも気を付けなければならないし、季節はずした暑さにもね。

 

 

~おまけ~

万が一の時のために、すぐに持ち出せる避難セットはあって無駄はないと思う。