読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世の中斜めに見ています~Z!!

四十路を過ぎた田舎のおじさんが書いた,とりとめのない雑記ブログです

auのiPhoneは格安SIMへの乗り換えに適しているのかを調べてみた〜UQ mobile編〜

格安SIM乗り換え大作戦!
【スポンサーリンク】

現在の愛機と使用状況

おじさんは、現在iPhone5Sを愛用している。

格安SIMに乗り換える時も、可能であれば、この機種のままでできればと考えているところ。

おじさんの家族もみんなiPhone。女房と長男合わせて3台のiPhoneが稼働している。

 

毎月の料金は3台合わせて大凡28,000円から30,000円ぐらい。

家ではwifiを使っているので、極端にパケットを消費することはない。

タブレットのディザリングをしているおじさんが月5GB前後。

女房は月1〜3GB弱。ま、3GB使うってことは滅多にないようだけど。

通学の際に音楽をよく聴くという長男で月3GBちょっとぐらい。家に帰ってから動画はwifi環境で見てるらしい。

次男も、お古のiPhone4siPod代わりにしてゲームや動画を楽しんでいる。ま、これについてはwifi環境のみでの使用だけど。

 

キャリアはいずれもau。

“家族割/誰でも割”を適用して月々の料金を低くできるようにしている。

「更にお安くできますよ〜」っていうので、内容を聞いてみたけれど、加入電話回線をauひかりに切り替えなければならないとのこと。

我が家は二世帯住宅で、主回線は主屋の方。副回線としておじさんの方に番号をつけている。

現在の回線は両親のお付き合いの関係でNTTとなっているので、切り替えはほぼ無理。

したがって、auのスマートバリューなどもフルに活用できるわけではない…

 

こんな環境下で3台のiPhone+1台のiPodもどきを使用しているわけです。

 

挑戦−1:auのiPhoneでの格安SIMへの乗り換えはできるのか調べてみた〜UQ mobile編〜

どうやら、“auのiPhoneをこのまま使用する”…という条件で検索をすると、あんまり良いコンテンツにはたどり着かないなぁ…。

 

“auの現在使用しているスマホのまま乗り換えができるメーカーは2社”

“しかも、通話は可能でも、通信ができない、通信ができるとしてもiOSのバージョンは7以前でなければいけない”

“ディザリングは無理”

などなど…

 

メーカーさんの保証外として、APNをいろいろ工夫することで通信もできるようにはなるようだけれども、これもまだ動作は不安定だったり、確実な検証までは至っていない…

などなど…

 

これだけ読むと、「無理なのかなぁ…」って切なくなってくるんだけど…

 

とにかくau回線系のメーカーさんはどんな感じか調べてみたUQ mobile編〜

 

1.UQ mobile

まず調べてみたのがUQ mobileさん。

UQ mobileさんは、auの回線を使用していて通信速度が非常に早いというのが特徴のようです。

昼の時間などに一時的に速度が遅くなる傾向がある他のメーカーさんに比べて、終日安定した速度が確保されているということでした。

 

〜料金的なことについて〜

1)ぴったりプラン ¥2,980円/月〜

スマホ本体代金」「無料通話1,200円分」「データ容量1GB」「超人気アプリのセットが使い放題」「SNSがたっぷり使える」などの特徴があるそうです。

ただし、2年契約が必要という条件がついているようですね…これは、スマホ本体の月割の料金を24ヶ月で支払うようになっているためでしょう。

おじさん的には「今の機種をそのまま使う」という条件と照らすと、新しい本体は考えていないので、もっと安いプランを選択することになるかなぁ…

 

2)データ高速プラン ¥980円/月

データ通信の月間使用量は3GBまで。

最低利用期間は“なし”。

3GBまではデータ通信速度は受信で最大150Mbps。送信で最大25Mbps

3GBを超えると、送受信とも最大200kbps。

 

3)データ高速 + 音声通話プラン ¥1,680円/月

データ通信の月間使用量は3GBまで。

最低利用期間は“12ヶ月”。

音声通話は ¥20/30秒

3GBまではデータ通信速度は受信で最大150Mbps。送信で最大25Mbps

3GBを超えると、送受信とも最大200kbps。

 

4)データ無制限プラン ¥1,980/月

データ通信量に制限はないが、通信速度は最大500kbps

 

5)データ無制限 + 音声通話プラン ¥2,680/月

データ通信は無制限だが、通信速度は最大で500kbps

最低利用期間は“12ヶ月”。

音声通話は ¥20/30秒

 

こんな感じでした。

 

ほかに、

a)SMSサービス無料

b)ディザリング機能無料

c)音声プラン申し込み者については「着信転送」「割込通話」「番号通知リクエスト」の各サービスが無料

というサービスがついてくるようです。

 

オプションサービスとしては

d)電話基本パック ¥380/月

留守番電話・三者通話・迷惑電話撃退の各サービスをパックにして

e)メールサービス ¥200/月

○○○○@uqmobile.jpのメールアドレスを利用可能。

f)通話明細サービス ¥100/月

g)セキュリティサービス ¥290/月

なども選んで利用できるようです。

 

単純に料金だけを見る分には、やはり3大キャリアとくらべて、どのプランでも大幅に料金は安くなりますね。

 

〜他の格安SIM会社との比較など〜

◯とにかく早い通信速度

あるサイトでは“通信速度に関しては、3大キャリアのソレ以上”と書かれているほど。

とにかく速度にこだわる方にはおススメのようです。

いろんな口コミを見てみても、「スピードハンパない」「早すぎね?」といった評価が圧倒的に多く見られました。

 

◯乗り換え時に使用できなくなるブランクがない

どうやら、多くの格安SIMフリー会社への乗り換えをする際には、切り替えのために一時的にスマホを利用できなくなる期間が存在するようですが、UQ mobileの場合は、それがないようです。

1週間後に自動的に切り替えられるか、もしくは、自分でネットで切り替えの手続きをすることで、すぐに新しい端末が使用できるようになるようです。

 

◯データ容量の選択肢が少ない

他の会社ではかなり細分化された容量プランがあるのに対して、「3GB」と「無制限」という2つしか選べないため、ライトユーザは3GBでも十分恩恵を得ることができますが、ヘビーユーザの場合は、無制限とはいえ、通信速度が500kbpsと、ちょっと不満が残る速度まで落ちてしまいます。

とりあえず、YouTubeの普通画質の動画もギリギリ再生を止めずに見ることはできるようですが、実際に試してみないと感覚が分かりませんね。

まぁ、メーカーさんとしても、そこは不満が出ない程度で調整してくれているんでしょうけれど。

 

auのスマホは簡単に移行できる?ただし、注意も必要!

auの回線を使用しており、1つはプラチナバンドと呼ばれるBand18、もう1つはBand1。この2つのバンドで運用しているそうです。

発売時期によっては、この2つのバンドに対応していないために、データ通信ができなくなる可能性のものもあるそうです。

また、3Gの電波環境下では、データ通信ができないそうです。

現在はほとんど解消されたということではありますが、住んでいる地域などによっては、せっかく格安SIMに乗り換えてもデータ通信ができなくなった…ということもあるかもしれませんね。

 

iPhoneとの相性はいかに?

ここまでは順調に格安SIMのメリットを確認できたのですが、では「auiPhoneをそのまま流用できるか!」というおじさん的最大の命題部分にまだ触れていませんでした。

 

UQ mobileの“お客様サポート”から“よくあるご質問”で検索してみると…

iOSのバージョン及び機種によってご利用の可否が異なります。弊社での動作確認内容は、「動作確認端末一覧」をご確認ください。動作確認外のバージョンに関しては、UQ mobileのSIMがご利用になれない可能性がありますので、お客様の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

※OSアップデートした場合、iOSのバージョンを元に戻すことができなくなります。アップデート前に「動作確認端末一覧」のご確認をお願いいたします。

引用:iPhone(nanoSIM)は利用できますか?|UQ WiMAX|超高速モバイルインターネットWiMAX2+

というちょっと残念な回答にたどり着いてしまいました…

ありゃりゃ…

 

おじさんはiPhoneの5sを現在使用しているけれど、iOSのバージョンなんて、とっくのとおに一番新しいものにアップデートしちゃってるし…

 

う〜む…

やはり、現在使用してるiPhoneはそのままは使えないのか…

 

いや!まだ可能性は残っていた!

いろいろネット上を物色していると“公式にはサポートされていませんが、iPhoneでもUQ mobileの約安SIMは使えそうだよ〜”という記事をいくつも見つけることができました。

やった〜〜〜〜。

ただし…公式にサポートされない理由には留意する必要がありますね。

 

1)ほかのau端末では可能な“ディザリング”と“SMSの送受信”がiPhoneでは出来ない。

2)利用可能なのはauのiPhoneに限る。

3)プラチナバンドに対応したiPhone端末でなければデータ通信ができない。このためiPhone5は利用不可。

4)UQ mobileとは別のサイトから、APNを導入する必要がある。

5)通信が不安定になることがあるため、その都度再起動をしなければならない。

などです。

 

これらをしっかりと理解した上で、導入するのであれば、iPhoneでもどうにかなりそうです!!

 

はぁ…とりあえず、おじさん的な落としどころには辿りつけたようだ…

 よかった…

 

はてさて…

auのiPhoneで格安SIM乗り換えが実現できるかどうか…

おじさんの挑戦はまだ始まったばかり!

どんどん調べて、最高の条件で乗り換えをしてみせるんだっ!!

今回は〜UQ mobile編〜でしたっ

 

 

〜おまけ〜

UQ-mobile UQ-mobile エントリーパッケージ(microSIM/nanoSIM 共用)データ通信・音声通話 に対応 VEK06JYV

UQ-mobile UQ-mobile エントリーパッケージ(microSIM/nanoSIM 共用)データ通信・音声通話 に対応 VEK06JYV

 

 amazonで手に入っちゃうんですね…

 

〜おまけ−2〜

www.uqwimax.jp

UQ mobileさんの公式サイトです。