世の中斜めに見ていますっ Z!!

田舎のオヤジの独り言…共感してもらえれば嬉しいな…

納得のいく筆記用具

【スポンサーリンク】

手の大きさなのか、指の長さなのか、はたまた別の理由があるのか…

どうしても、「しっくりくる」筆記用具にずっと出会えないまますごしてきた。

 

2年ほど前、「これだ!」と思う筆記用具(ペン)にようやく出会えた。

 

それが…

 

Uni-ballのSignoでも

フツーのSigno

三菱鉛筆 ゲルボールペン ユニボールシグノ太字 UM-153 黒 24

 

SignoRT

三菱鉛筆 ゲルボールペン ユニボールシグノ RT UMN-103 黒 24

 

SignoRT1

三菱鉛筆 ゲルボールペン ユニボールシグノ RT1 UMN-155-38 黒 24

といくつかラインナップはあるんだけどもね…

 

クリップの形状、軸の太さ、ペンの形、ペン先の太さエトセトラ…

 

何もかもが、おじさんの使い方にしっくりくるんだ。

 

ペン先の太さも0.24から1.0ぐらいまで幅広くそろっていて、いろいろ試してみたんだけど、おじさんにちょうど良かったのは0.38mm。

 

特に、水性ゲルインキの書き味と0.38mmというペン先の太さは、他に代替できる存在がないほどおじさんと相性が良くて、すごく気に入っている。

 

ノック式のペンにありがちな、ペン先のブレもほとんどないのも好評価。

 

おじさんは、かなり力を入れて文字を書く癖があるんだけれど、油性ボールペンだとペン先が滑りすぎて文字がヘロヘロになってしまう。

でも、このSignoRT1は、滑りすぎず、つまり過ぎず、ほどよいすべりで直線もしっかり直線に描ける。

 

最近は、油性ペンで「書き味が滑らか」を売りにしているものも人気のようだけど、おじさん個人的には、すべりが良すぎるのとは相性が良くないようで…

 

 

文房具店で在庫を見つければ、「とりあえず買い足し」する。

換えのレフィルが売っていれば「とりあえず買い置き」しておく。

 

自分でも「ちょっとやりすぎかな」って思ってしまうぐらいに在庫を確保しちゃっている。

 

 

仕事では「黒」

プライベートと仕事のメモ用には「青黒」

あとは「赤」

 

筆箱の中には何本ものSignoRT1がひしめき合って、

「今日はどれを使おうかなぁ…」なんて…(笑)

3色しかないんだけど、10本以上のSignoRT1が詰まっているんだ…あはは

 

 

新製品もいろいろ試してみたんだけれど、やっぱり、SignoRT1に戻る。

似たような書き味で気に入っているのがPILOTのjuice upの0.4mmなんだけど、ザンネンなことに、こちらのペンはノックして出てきたペン先が微妙にブレるんだ…

それがなければ、SignoRT1と同じぐらいお気に入りになっていたんだろうけどもね…

本当にザンネン。

 

発売から結構なるんだけども、心配なのは、発売が終了しちゃわないかってこと。

 

職場でも家でも「当面の使用に支障ない数」は確保しているけれど…

できれば、ロングラン商品としてず~っと売っていてほしいなぁ。

 

 

~おまけ~

カラーもいろいろあるから、普段の仕事だけじゃなく、もう少し使い方を広げてみるのもいいかもしれない…

といっても、絵心のないおじさんには、どうやって使いこなせばいいのか…ってのが問題だけどもね…(笑)