世の中斜めに見ていますっ Z!!

田舎のオヤジの独り言…共感してもらえれば嬉しいな…

「寛解」の意味を今更ながらに痛感してる真っ最中なのです

【スポンサーリンク】

「ただいま、心の不調真っ最中…」

 

って、こんなこと書いても、誰も興味ないか…

 

もう10年以上も前に心を病んで通院していたときのことを思い出す。。

 

 

寛解ですね。」

 

先生がおっしゃった言葉。

 

「完治ではないのですか?」

「全治とまでは言えませんが、病状が治まっておだやかであることということで『寛解』という言葉を用いるんですよ。」

「そんなもんなんですね…」

 

そうなんだ。「全治」ではないから、しっかり治ったということではない。

病状が治まって落ち着いている状態だからね。

またいつか悪さをし始めることもあるかもしれないんだよ~ってこと。

 

もう何回か「やっぱり寛解よりも完治のほうがいいのになぁ」って思ったりして過ごしてきたんだけどもね…

 

 

さて、今回はどうやって心を浮上させようかな。

 

 

早く「寛解」にたどり着いてほしいな。

 

 

~おまけ~

病院の言葉を分かりやすく―工夫の提案

病院の言葉を分かりやすく―工夫の提案

 

 

うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち

うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち

 

 

 

ツレがうつになりまして。 (幻冬舎文庫)

ツレがうつになりまして。 (幻冬舎文庫)