世の中斜めに見ていますっ Z!!

田舎のオヤジの独り言…共感してもらえれば嬉しいな…

炎を操るワザ【HowTo薪ストーブ】

【スポンサーリンク】

薪ストーブの燃料は勿論焚き木。

火がついたら簡単には消えてはくれないから、入れたら燃えつくすまでがデフォ。

 

だから、熾火を残すか残さないか、早く家を出たいのかずっと家にいるのかなどなど、あとどれだけ火をつけていたいのかを考えながら焚き木を入れる。

 

f:id:golgo7087:20171009104919j:plain

 

ストーブに火力を調整するための空気弁はついてるけどね、閉じたからってすぐに完全消火ってな風には行かない。

 

寒い朝、早く部屋を暖めたいとき、

日中あまり継ぎ足しせずにのんびりしたいとき、

夜、スパッと消して寝たいとき、

逆に寝てからもしばらく寒くしたくないとき、

朝、みんな出かけちゃうとき、

いろんなシチュエーションに応じた火のコントロールを覚える。

 

焚き木の種類と太さで調整はできるんだけどもね…www

 

でも、子どもたちはまだ焚き木と空気量の調整で、「予定時間バッチリ」に燃え尽きさせることはできないでいる。

今年の冬はこれをマスターさせてあげないとな。

 

 

〜おまけ〜

 

キャンプやアウトドアでも、これからの季節はバーベキューコンロよりも、薪ストーブは炎もラフに使えるし、いろんな使い方ができるし、何よりあったかいので、重宝しますよ。