世の中斜めに見ています~Z!!

四十路を過ぎた田舎のおじさんが書いた,とりとめのない雑記ブログです

グアムが公表した緊急ガイドラインは率直に参考にできるね

【スポンサーリンク】

北朝鮮のグアムへの弾道ミサイル発射計画を受けて、8月11日にグアムでは「緊急ガイドライン」を公表したんだそうな。

 

 

news.livedoor.com

 

具体的に弾道ミサイルが上空を通過する県では、PAC3を配備して万が一への万全の備えを敷いているようだけれど、おじさんの地域も海を挟んで北朝鮮とは隣接している地域になるから、やっぱり、不測の事態が起こった時のことを考えると、何かしらの備えをしておかなければならないなって思っている。

 

そんな時に見たこのガイドライン

 

・警報が出たら

 :速やかに屋内に避難し

 :少なくとも24時間以上とどまる

 

これは、万が一ミサイルに核が搭載されていたらっていうことを想定しているのかな?

 

 :失明のおそれがあるため、閃光や火の玉は見ない

 

経験したことないから、どれほどの光が発せられるのかわからないけれども、見ただけで失明の恐れがあるなんて想像できないな…

 

・非常用キットの準備

 

これは、震災以降非常用袋は常備しているけれども、防空頭巾とかヘルメットみたいのも加えたほうがいいかな。

 

・避難場所となり得るコンクリート製の建物を確認しておく

 

コンクリート製の建物なんて、あんまり考えながら見たことなかったな。

でも、「この建物は大地震が起きた時や津波から避難するときに使ってくださいね」って掲示されている建物だったら安心だろうか。

 

 

 

何も起こらないのが一番だけれども、今のアメリカと北朝鮮の親分同士のいがみ合いを見てると、「もしかしたら起きちゃうかも」という危うさを感じるのも事実。

 

日頃からの備えとして、何度も繰り返し備えの確認をしておくのは大事なのかもしれないね。

 

 

~おまけ~