世の中斜めに見ています~Z!!

四十路を過ぎた田舎のおじさんが書いた,とりとめのない雑記ブログです

ねご

【スポンサーリンク】

突然ですが…

思うところあり、しばらく方言(訛り)で日記を書いてみようと思いまして…

裏日本、北東北の某地域の方言になります。

スピードラーニングよろしく、センテンス毎に訳文もつけておきます。 興味があったら、是非使ってみてください。

太字はアクセントです。

 

TITLE【猫】

 

数年前オラえさ引っ越してきたネゴ。

(数年前に我が家に引っ越してきた猫。)

 



f:id:golgo7087:20170324112152j:image

んたげネゴすぎったオんジが、今だばさどンコ。

(あんなに猫が苦手だった父が今じゃメロメロ…)

 

おえだば、いもの何でもかんでもすぎっために、犬でもネゴでも、みんなめんぇど思うどもしゃ

んだも、いぎなりひっかがれだと思ったら、膝の上さ乗ってきて寝らいだりすれば、んもされねだげ、めんど思ってしまうものな。

(私は、生き物がみんな好きだから、犬でも猫でも、みんなかわいいと思うんだけれどもね。

だけど、いきなり引っかかれたと思ったら、すぐに膝の上に乗っかってきて寝ちゃったりすれば、どうしようもないぐらいに、かわいいと思っちゃうもんね。)

 

ネゴのくしぇに、そどんもででいがねして、いぇさばりいるんがに、太ってんもさえねだげおぼでぐなってしゃ。

がぁずも、ノソノソどねごでねぇみんたし。

(猫のくせに、外にも全然出て行かなくて、家にばっかりいるから、太ってどうしようもないぐらいに重くなっちゃってね。

歩くのも、ノソノソと猫じゃないみたいだし。)

 

だども、めんしてめんして、んもさいねぇものな。

(だけど、可愛くて可愛くて、どうしようもないものね。)

 

10歳こえでるがら、年げ見れば、ばっしゅなっるども、んとが、なぐいでほしもんだ。

(10歳を超えてるから、年齢だけ見れば、おばあさんになってるけれども、どうか、長生きしてほしいですね)

 

☆この記事で出てきた主な方言について解説してみますね☆

【めんけぇ】

「可愛い」の意

「このわらし、しんたげめんけぇな(この子供、とってもかわいいね)」というように使います。

 

【んだども】

「だけど」butの意味ですね。

 

【あぐ】

「歩く」の“る”が抜けちゃった表現?

北東北の方言にはよくある「略しちゃったよ」てき活用法でしょうか…

 

【ばっしゅ】

バスケットシューズではありませんよ。

「おばあさん」的に使われます。これは、この地域限定な表現方法ですかね?

ちなみに、お母さん(女房)のことを「かっしゅ」と使うことがあるそうですが、こちらには明確な理由付けがあるようで、「家主(かしゅ)」が訛って「かっしゅ」になったんだとか?

ま、根拠が明確ではないので、断言できないんですけどね…www

この理由付けが正しければ「婆主」と書いて「ばっしゅ」ですかね。

 

~おまけ~

かくしごと

かくしごと

 

おじさんが「同郷かもよ~っ」て言っても、速攻で「私とは違う」って否定されそうだ…www

彼女が時々話す方言って、たまらなく可愛く感じちゃうね。