読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世の中斜めに見ています~Z!!

四十路を過ぎた田舎のおじさんが書いた,とりとめのない雑記ブログです

過疎

【スポンサーリンク】

おじさんの生息地は過疎ど真ん中。


f:id:golgo7087:20170317141737j:image

(画像はイメージです)

 

隣接する市町村でも、高齢化が4割超えのところも少なくなく、どこも過疎に喘いでいる。

 

毎年この時期になると、多くの若者が故郷を離れていく。

 

息子の高校の卒業式、最後のホームルームを参観する機会があったけど、進学も就職もほとんどが、関東圏。地元に残って…という人はごくほんの一握り。

 

 

 

そりゃそうだ。

 

魅力ある職場がまずない。

高校卒業してすぐに勤められる職場なんて考えても…

役場、介護施設、土木…

選択肢はこんなもん。

中小の企業は、新陳代謝ができす、定年退職者継続雇用制度をフルに活用中。

もらえる給与もたかが知れてる。

もっと専門的な仕事を目指して進学を希望すれば、地元には大学がないから、結局県外へ流出…

 

奇跡的に地元に戻ってきても

アフターファイブを楽しめる場所がない。

パチンコ店と…あと何がある?

生産性のある余暇が少ない。

 

「地域おこし」ってんで、若者向けの企画をいろいろ編み出しても、そもそもそれに乗っかれる若者がいない…

「みんな集まれ~」って手を振っても、降った先には若者がいないんだからどうしようもない…

結局続かず共倒れ。

 

切ないね。

 

隣んちのトーチャンが言ってた。

「東京に出て行った長男は、そっちで所帯持って、後継ぎなんてあきらめた」ってね。

そのうち、盆正月も帰ってこなくなるって。

 

 借金まみれの国政も、都市部偏在の経済も、田舎の将来はどうなる?って、不安しか感じられない。

田舎っていうか、日本の未来?

 

なんかの本で読んだ。

このままいけば、数年後にはコミュニティとして成立しなくなり、消滅の危機にある自治体が過半数にのぼるとか。

 

何気なく思った過疎の問題。

思えば思うほど音が深くて鬱々としてくるね。

 

 

〜おまけ〜

 

限界集落の真実―過疎の村は消えるか? (ちくま新書)

限界集落の真実―過疎の村は消えるか? (ちくま新書)