読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世の中斜めに見ています~Z!!

四十路を過ぎた田舎のおじさんが書いた,とりとめのない雑記ブログです

やっちまった…

ある日の出来事
【スポンサーリンク】

ハッキリ主張する新人さん

4月に入社した新人さん。
「私何でもやりますから。頑張ります。」と愛想振り撒いていた。
素直でいい子なんだけど…

 

少しずつ我を通す人っていう話を耳にするようになってきた。
協調性あるように見えるけど、実際どうなんだろ?
 
先日、来月のシフトの話になった。
「私、土日は仕事できません。」
「え?」
事務所の皆が固まった。
 
これが聞いてたヤツ?
 
「土曜日は、個人的に習い事してるし、日曜日は実家の親の面倒を見るので。」
 
責任者が優しく諭す。
「でもね、みんなお互い様で、都合つけてやりくりしてるから、どうにかなんないかな?」
「…検討します。」
 
この日の夜、責任者から電話があった。
「あのさ、夕方上司から呼び出されて、あの子に週末の勤務入れるなって釘を刺さたんだけど。どう思う?」って…。
 
その子、責任者から言われた後、直接上司に談判していろいろ訴えたらしくて…
 
おじさんの勤め先は、振替休日や時間外手当もしっかりしてるし、シフトでの仕事ってこんなもんだと思ってたから…
 
改めて、その子の訴えを聞いて色々考えさせられた。
 
おじさんの立場的には、いいとも悪いとも言えないよ…
労働法規に則って、休みを取得するのは労働者の権利。
事情を聞いても理解はできる。
ただ、現実問題として、チームで動いてるから、お互い様の精神もあると助かるし…
 
正論でも、正面衝突すると大怪我することもあるからさ…
言い方とか、根回しとか、角が立たないやり方ってのもあるようにも思う。
まだ若いから、そういうのはこれからなのかな?
 
このことで、責任者はその子へのアレルギーを持ってしまったのは確か。
 
ちょっと気をつけて見てあげないと、思わぬ火種になりそうだ。