読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世の中斜めに見ています~Z!!

四十路を過ぎた田舎のおじさんが書いた,とりとめのない雑記ブログです

民進党に「期待する」26.6%という数字

【スポンサーリンク】

NNNの世論調査での数字

3月27日

民主党”と“維新の党”が一緒になった

民進党”の結党大会が開かれ

 

衆参の国会議員156名が参加する

野党第一党となる規模の政党が発足したそうな

 

 

このことに対しての世論調査では

「期待する」が26.6%

「期待しない」が59.7%

だったとか…

 

政党への期待としての

世論調査でのこの数字は

「高い」と見るべきなのか

それとも

「低い」と見るべきなのか…

 

ネット見てると

この数字に対しても

いろんな意見が飛び交ってるようだけど

 

いろいろありましたしね…

まぁ,今回の結党については

2つの政党が合流したわけだけど

 

どちらの政党も

いろんなエピソードがあるもんね…

 

例えば…

片方の政党について振り返ってみても

 

2009年の選挙では

戦後最多の議席数を確保してみたり

比例区の得票数も

日本の選挙史上で最大のだったりっていうのが

すごい話題になって

政党支持率も7割超という人気を誇っていたにもかかわらず

 

宇宙人が総理大臣になってみたり

 

想定外の出来事が起こってみたり

 

外国からなめられてみたり

 

大風呂敷を広げすぎて顰蹙買ったり

 

嘘つきがいたり

 

で,あっという間に人気を落としていったもんね…

 

期待していいのか,するだけ無駄なのか

おじさんは,北東北に住んでいるから

東日本大震災の影響はモロに受けてて

あの時の政府の対応だとかは

しっかり覚えている

 

“復興”なんてスローガンを掲げているけれど

まだ部分的なものでしかないということは

現政権になってからも大して変わらないということも

肌身に感じている。

 

消費税が上がることには抵抗感はあるけれど

使うべき道を間違えさえしなければ

必要なことだっていうのも理解できているつもり

 

 

おそらく,今おじさんが感じているようなことに対して

ちゃんと解決できるような活動をしてくれるかどうかなんだよね

 

おじさんは贔屓にしてる政党なんかはないけれど

国会で,ただ政権与党に噛みつくだけで

具体的で現実的な対案さえ出せないような野党には

なってほしくないよね

 

過去に痛い目にあってるから

今のタイミングでは「期待する」も「期待しない」も

そういう思いは抱かないようにしておこうと思ってる

 

 

〜おまけ〜