世の中斜めに見ています~Z!!

四十路を過ぎた田舎のおじさんが書いた,とりとめのない雑記ブログです

HowTo薪ストーブ

備蓄【HowTo薪ストーブ】

薪ストーブに使う焚き木は、生のままでは十分な性能を発揮できないから、時間をかけて乾燥をさせていく。 我が家でも今年の分の燃料は準備ができたけれど、来年以降の分も今から準備を始めておかなければならない。 この辺が、薪ストーブを使うにあたって面…

炎を操るワザ【HowTo薪ストーブ】

薪ストーブの燃料は勿論焚き木。 火がついたら簡単には消えてはくれないから、入れたら燃えつくすまでがデフォ。 だから、熾火を残すか残さないか、早く家を出たいのかずっと家にいるのかなどなど、あとどれだけ火をつけていたいのかを考えながら焚き木を入…

使い始める前のチェック【HowTo薪ストーブ】

薪ストーブの設置をするとき、必ずチェックしなきゃいけないのが煙突の詰まり。 というのも、夏の間に煙突に鳥や小動物が営巣することがあるから。 今どきの煙突は先端に細工がされていて、簡単には入り込めないようにはなっているけれど、油断はできない。

煙突掃除【HowTo薪ストーブ】

薪ストーブを暖房器具にするとき、宿命となるのが「煙突掃除」 特に油脂分の強い木を燃やした時や、十分乾燥していない木を燃やした時は、すぐに煙突内に煤がついてしまう。 煙突内に煤がたまってくると、燃えにくくなるし、燻るし、そのあとが面倒くさい。 …

焼き芋

薪ストーブが設置される頃から、我が家に在庫が増えるのがジャガイモとサツマイモ。 アルミホイルでくるんだら、ストーブの上にポイっ。 あとはほっとけば焼き芋ができあがってる。

焚き付け【HowTo薪ストーブ】

冬の朝。 薪ストーブに火を入れる作業がおじさんの日課。 ここで躓くと、家族が起きてくるまでの数時間をぬくぬくとすごせるか、しくじらせてしまった焚き付けに凍えながら何度も点火作業を繰り返すかが分かれ道。

そろそろ冬の準備でも…【HowTo薪ストーブ】

毎年の恒例行事。 薪ストーブの準備。 「そんなの準備なんていうほどのものでもないでしょ」って思う人もいるかもしれないけれど、しっかりとした準備をすることで、長い北東北の冬も快適に過ごすことができる。 近くのホームセンターでもそろそろ薪ストーブ…